« ネーメ・ヤルヴィ 9 | トップページ | 第107回 柳家小満んの会 »

2011年11月20日 (日)

マリス・ヤンソンス 4

マリス・ヤンソンス指揮オスロフィルによる
チャイコフスキーの交響曲全集より
今日は第1番「冬の日の幻想」と第2番「小ロシア」。
第1番は1985年4月25-30日、第2番は1985年4,9月に収録。
たいへんに美しい響きで…これは素晴らしい演奏だ。
細やかな表情にまで、歌心あふれるチャイコフスキーで
ヤンソンスの作品への想いが伝わってくる。
オスロフィルを褒めなくてはいけないのだろうけど、
ヤンソンスの引き出す音は本当にきれいで魅力的。
交響曲とはいっても…チャイコフスキーの初期の作品は、
露骨に民謡を用いた作風で…堅苦しい部分はまるでなく、
そのすべてが楽しくて、実にいい気持ちなのである。
ヤンソンスならではのスッキリとした透明な音作りだが、
もっと濃厚な演奏が好きな人もいるだろうけれど、
私はこの演奏が気に入って、名盤であると思う。

CDR714

|

« ネーメ・ヤルヴィ 9 | トップページ | 第107回 柳家小満んの会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/53293804

この記事へのトラックバック一覧です: マリス・ヤンソンス 4:

« ネーメ・ヤルヴィ 9 | トップページ | 第107回 柳家小満んの会 »