« 柳家小満ん 「妾馬」 | トップページ | 相棒ten 7 »

2011年11月29日 (火)

柳家小満ん 「うどんや」

2011年3月の柳家小満んの会の録音で
今日は3月17日の関内ホールでの三席。
演目は「狸さい」「鴻池の犬」「うどんや」である。
この日も行く予定でいたのだが、震災の翌週で
ちょうど計画停電がはじまったばかり…
なんと相鉄線が夕方から運休というので、
行けなかったのである。一時はたいへんだった。
こうして録音で聞けて、幸せなことである。
噺の方は、今回は知られているものばかり。
「狸さい」だが、よくあるオチは五の目で天神様…
といって狸が冠をかぶって、笏を持って立っている…
というのが多い気がするけれど、ここでは、
もう一方の梅鉢で、壺皿をあげると鶯が「ホーホケキョ」。
季節をとりいれて…春だなという。桜の前の梅である。
「鴻池の犬」は犬を擬人化で異色な噺だなって思うのだが、
かわいらしい噺で…軽い噺だし、なかなか味わいもある。
昔は子供におしっこをさせるのに…縁側で
シー、コイコイコイといったそうな…オチに関連して。
仲入り後は「うどんや」で大好きな噺である。
冬の噺という気がするが、婚礼の場面もあるし、
暖かくなってきた春の先取りというのがいいような。
小満ん師匠の酔っ払いはいつもながら絶品で
うどん屋とのやり取りは、その情景に引き込まれる。
そして音だけなんだけど、熱々のうどんのおいしそうなこと!

CDは下記のサイトから購入できます。
みなさんもぜひお聞きになってください。
http://www.comann.info/

|

« 柳家小満ん 「妾馬」 | トップページ | 相棒ten 7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/53366733

この記事へのトラックバック一覧です: 柳家小満ん 「うどんや」:

« 柳家小満ん 「妾馬」 | トップページ | 相棒ten 7 »