« 落語につぶやき 138~心中時雨傘 | トップページ | 横浜の風景から 200 »

2011年11月23日 (水)

相棒ten 6

20111123

水曜日の夜は「相棒ten」である。
今日は第6話「ラスト・ソング」で…
伝説のジャズ・シンガーという役柄ながら
ゲストの研ナオコが強烈な存在感で
さすがの杉下さんも手を焼いている印象は愉快だった。
でもなぜそこまで悠然としていられるのか?の訳が、
捜査対象でもあり、犯人に違いないと思わせる展開ながら
最後の最後で…犯人ではない…犯人をかばっていた…
というところが今回の面白さであり、ドラマである。
動機が見えてこない…というのもポイントだけど、
ただ歌いたかった…ステージの上にいたかった…という
ジャズの世界を舞台にしたことでの独特の仕上がりである。

|

« 落語につぶやき 138~心中時雨傘 | トップページ | 横浜の風景から 200 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/53318719

この記事へのトラックバック一覧です: 相棒ten 6:

« 落語につぶやき 138~心中時雨傘 | トップページ | 横浜の風景から 200 »