« 今日の月は…月齢6.4 | トップページ | 横浜の風景から 210~2012年元旦 »

2011年12月31日 (土)

落語につぶやき 145~2011年の噺

2011年の実演で聞けた噺を集計してみた。
今年は全体数が少ないのだけど、
うまく重ならずに…いろいろな噺を聞けたと思う。

「寿限無」と「道灌」が5回。
「子ほめ」「狸札」「たらちね」「転失気」「初天神」が3回。
この辺は前座さんで度々聞けた噺。
2回聞いた噺は、「明烏」「牛ほめ」「阿武松」「お菊の皿」
「金明竹」「竹の水仙」「長屋の花見」「野晒し」「のめる」
そして1回だけの噺が…たくさんあるのだが、
「青菜」「愛宕山」「鮑のし」「意地比べ」「浮世床」「うどんや」
「鰻の幇間」「鰻屋」「おかめ団子」「臆病源兵衛」「唖の釣り」
「お茶汲み」「お直し」「御神酒徳利」「親子酒」「蚊いくさ」
「火焔太鼓」「火事息子」「がまの油」「紙入れ」「からぬけ」
「蛙茶番」「勘定板」「禁酒番屋」「くしゃみ講釈」「汲みたて」
「稽古屋」「源平盛衰記」「後家安」「子別れ(上)」「雑俳」
「真田小僧」「三軒長屋」「品川心中」「支那の野ざらし」
「芝浜異聞」「将棋の殿様」「心中時雨傘」「鈴振り」
「千両みかん」「粗忽の釘」「大工調べ」「幇間腹」「代書屋」
「代脈」「田能久」「魂の入替」「短命」「ちしゃ医者」「千早振る」
「茶金」「茶の湯」「手紙無筆」「転宅」「時うどん」「富久」
「長崎の赤飯」「二十四孝」「抜け雀」「猫の災難」「寝床」
「ねずみ」「鼠穴」「反対俥」「一目上がり」「一人酒盛」「干物箱」
「平林」「不動坊」「船徳」「文七元結」「へっつい幽霊」
「ぼんぼん唄」「松曳き」「饅頭こわい」「万病円」「目薬」「もぐら泥」
「悋気の独楽」「やかん」「安兵衛狐」「矢橋船」「淀五郎」「笑い茸」

|

« 今日の月は…月齢6.4 | トップページ | 横浜の風景から 210~2012年元旦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/53619241

この記事へのトラックバック一覧です: 落語につぶやき 145~2011年の噺:

« 今日の月は…月齢6.4 | トップページ | 横浜の風景から 210~2012年元旦 »