« 落語につぶやき 144~富久 | トップページ | 柳家小満ん 「三軒長屋」 »

2011年12月25日 (日)

マリス・ヤンソンス 5

マリス・ヤンソンス指揮オスロフィルによる
チャイコフスキーの交響曲全集より
今日はイタリア奇想曲と交響曲第3番「ポーランド」。
イタリア奇想曲は1985年4月と9月に
第3番は1986年1月31日と2月1日の収録である。
ゲルギエフの指揮による演奏を聞いて以来、
私はこの交響曲第3番が大好きで、本当に魅力的な作品だ。
ヤンソンス盤も名演である。清々しい響きを基調にして
しなやかな運動性と音楽の各場面に柔軟に対応する姿勢、
これらのチャイコフスキーの一連の交響曲録音は、
ヤンソンスの初期のものなのだが、何て素晴らしいのか…
チャイコフスキーの交響曲は第4番以降ばかりが演奏されるが、
この第3番も名曲だと思うのだけど…実に楽しいのである。

CDR716

|

« 落語につぶやき 144~富久 | トップページ | 柳家小満ん 「三軒長屋」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/53569675

この記事へのトラックバック一覧です: マリス・ヤンソンス 5:

« 落語につぶやき 144~富久 | トップページ | 柳家小満ん 「三軒長屋」 »