« ゲオルグ・ショルティ 12 | トップページ | 落語につぶやき 143~文七元結 »

2011年12月23日 (金)

古今亭志ん輔 「文七元結」

いよいよ年末だが、この冬は実演にて
「文七元結」に出会えなかったので、
今日は以前に落語研究会で放送された
志ん輔師匠の「文七元結」を聞いている。
この噺は長兵衛さんの噺なので、
左官の親方の貫禄をどこまで出せるかが重要。
博打で失敗している情けない状況でもあるので、
立派に演じるというのも少し違って、お久の父であり、
佐野槌ではおかみさんも認める存在であり、
吾妻橋では文七に説教をする人情に厚い人物であり、
その点、志ん輔師匠の長兵衛さんは実に素敵だ。
感動的な噺なので、誰で聞いてもいい噺なのだけど、
それ以上の深い味わいは志ん輔師匠だからだ。

|

« ゲオルグ・ショルティ 12 | トップページ | 落語につぶやき 143~文七元結 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/53552544

この記事へのトラックバック一覧です: 古今亭志ん輔 「文七元結」:

« ゲオルグ・ショルティ 12 | トップページ | 落語につぶやき 143~文七元結 »