« 柳家小満ん 「厄払い」 | トップページ | 落語につぶやき 146~またかのお関 »

2012年1月 8日 (日)

黒門亭で彦いち・小団治・正雀

新年最初の寄席であり、正雀師匠をお目当てに黒門亭へ。
結果から書いてしまうけど、今日の正雀師匠は聞けてよかった。
「新助市五郎」とは、三遊亭圓朝作「緑林門松竹」のことで
今回が「その三」だが、実は「その一」「その二」は聞いていない。
圓生師匠の「またかのお関」を聞いたことがあって、
これが実に面白くて、ぜひ聞いてみたいと思っていたのだが、
今回がまさにその場面だったのだ。夢中になって引き込まれ、
とにかく楽しかった。いい噺を聞けた。詳しくは後ほど。

20120108a1

黒門亭のお正月風景ということなのだが、
実はいつもの場所(座布団)が取られてしまい、
左右…上下が逆なのである。ちょっとショック。
というか、いつもと違うと聞きにくい。微妙なものだ…

第1部
古今亭きょう介:たらちね
三遊亭歌扇:紙入れ
林家彦いち:二月下旬
柳家小団治:がまの油
柳家喬之助:按摩の炬燵

今日の前座さんはきょう介さん。ちょっと久しぶり。
大好きな志ん橋師匠のお弟子さんで応援している。
丁寧にじっくりと進めていくあたり、師匠にそっくり。
今年最初に聞いた噺は「たらちね」であった。
器用に軽々しくならずに…このままで行ってほしい。
続いて歌扇さん。去年ぐらいからすごくよくなったと思う。
歌五で前座さんだったときに…最初に聞いて
落ち着いているし、上手いな…って感じたのだが、
二ツ目に昇進して、名前も歌扇に変わって、
上手いから面白いかというと…それは少し違うのであり、
しかし去年ぐらいから…歌扇さんの体から
魅力があふれだして、こちらに届いてくるのを強く感じて、
何か殻を破っちゃったのかなという…素晴らしい。
兄弟子の歌橘さんの「紙入れ」も聞いたことがあって、
たぶん出所は一緒だろうな…なんて思っていたのだが、
新さんを脅すおかみさんが実に恐ろしい。華やかだった。
彦いちさんが楽しいマクラの後、この噺は…
喬太郎師匠の「八月下旬」に似ている!って、
でも完全に彦いちワールドになっていて、
これからの季節で「卒業文集」というあたりは違うのだが、
するとやはり「二月下旬」という噺であった。
噺の骨格は「八月下旬」なのだけど、でも実際は
完全に彦いちさんが創りなおしていて、別の噺といえる新鮮さ。
中学生の息子が出掛ける父親に「連れてって~」という
前半には「初天神」にリンクした季節のクスグリも取り入れて…
爆笑の連続で、実に楽しかった。彦いちさんはいい!
仲入り後は小団治師匠。大道商人のマクラで、
以前は易者さんにも口上があった…というのでそれを聞かせてくれて、
続いて…弘法大師が芋を石に変えて、それを粉末にした薬売り…
ちょっと曖昧になってしまったが、要はサクラが出てくる商法の説明で
こうきたから噺の方は「がまの油」である。これが素晴らしかった。
正直なところ「がまの油」という噺は面白くもないと思うのだけど、
これが実演で見事に決まると…感動してしまうのである。
今日の小団治師匠がまさにそれ!情景が目の前に広がり、
すっかり引き込まれてしまった。今日の第1部のベストである。
そして喬之助さんが「按摩の炬燵」。大好きな噺だ。
実は喬之助さんは今日がはじめて。なぜかこれまで縁がなかったのだ。
インターネット落語会や圓朝まつりでは会っているので、
すっかり身近な存在ではあるけれど、やはり高座を見ると印象は変わる。
まだ幼い小僧さんの描写がかわいらしくて、店の番頭さんとのやり取りは
いきいきと実に絵になっている…明るい「按摩の炬燵」であった。
奉公人たちが足を按摩の炬燵に入れて、寝てからの描写…
疲れてすぐに眠ってしまい、それぞれが夢を見ているという…
ここも小僧さんがかわいくて、喬之助さんはそういう噺が魅力的かも。

20120108a2

20120108b1

今日も湯島天神にお参りしてきたが、
正月だからか…合格祈願なのか…ものすごい人出。
千代田線の湯島駅付近から…受験生とご両親といった
そうした家族連れであふれていた。

20120108b2

湯島天神の鳥居もお正月である。


20120108c1

第2部はいつもの座布団を確保!
黒門亭の正月飾りである。

第2部 正雀独演
古今亭きょう介:からぬけ
古今亭志ん公:湯屋番
「新助市五郎 その三」
林家正雀:やんま久次
林家正雀:またかのお関

開口一番のきょう介さんが「からぬけ」で
続いて志ん公さんが登場だが、志ん五師匠が亡くなられて、
昨年、志ん橋一門に移籍したことに関連しての…
「からぬけ」に出てくる与太郎にまつわる…
志ん五一門の与太郎と志ん橋一門の与太郎の違いを披露。
これがおかしくて…というのは、お馴染み志ん五師匠の与太郎が復活!
面白すぎるのだが、志ん五師匠が今もお弟子さんの芸の中に生きていて、
というのを感じたら、何とも喜びなのであり、実に感慨深いものがあった。
志ん五師匠に再会できたみたいな…これからも守っていってほしいなと。
噺の方はお馴染みの「湯屋番」だが、志ん公さんは安心して聞ける…
私的には大好きな二ツ目さんで、今日もよかった。実に魅力的。
そして本日の長講…正雀師匠の「新助市五郎」である。
その前半に…圓朝全集には載っていないのだが、
忍岡義賊の一人に含まれるということで「やんま久次」の一席。
雲助師匠の「やんま久次」を落語研究会で見たことがあるけれど、
聞きはじめたらすぐにストーリーがよみがえってきて、面白い。
そして後半はいよいよ「またかのお関」である。
とにかく夢中になる面白さ。面白いといっても…
実はとんでもない噺で、登場人物はすべてが極悪党。
騙し、脅し、毒殺!殺しては金を巻き上げ、
びっくりの展開が聞きものの痛快噺である。鮮やかだ。
殺されるのがひどい悪党なので、そこに同情などは存在せず、
むしろ「ざまあみろ!」とでもいいたくなるような…快感なのである。
お見送りの正雀師匠に思わずこの感動を伝えてしまった。
いえいえ…という表情をされていたけれど、
今日は本当にいい噺を聞かせて下さった。
この興奮はしばらく冷めそうにない…大切にしたい一席である。
「新助市五郎」はさらに続編があるそうで、ぜひ聞いてみたい。

20120108c2

|

« 柳家小満ん 「厄払い」 | トップページ | 落語につぶやき 146~またかのお関 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/53694670

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭で彦いち・小団治・正雀:

« 柳家小満ん 「厄払い」 | トップページ | 落語につぶやき 146~またかのお関 »