« ヴラド・ペルルミュテール 1 | トップページ | 黒門亭で志ん弥・駒三・白鳥 »

2012年2月 3日 (金)

内田光子 1 ~ドビュッシー

このところ…内田光子のモーツァルトが
聞きたくなってきているのだが、その前に
今日はドビュッシーの練習曲集を聞いている。
1989年4月9-12日にスネイプで収録。
ドビュッシーの練習曲集は、私にとっては
格別な作品となっているのだが、実は
最初に聞いたのがこのCDであった。
正直なところはポリーニ盤が一番のお気に入りだが、
この内田光子の演奏も久しぶりに聞いてみて、
やはり究極的な境地に達していると凄まじく名演である。
内田光子の音は、モノトーンとまではいわなくても
中性的であり、色彩に関しては抑制されている…
というか、精緻にコントロールされていると思うのだが、
それゆえに透明な輝きは圧倒的な素晴らしさであり、
こんなにも新鮮な感覚にしてくれる演奏はないのである。
あとはいうまでもなく…この運動性、躍動感、強弱の対比、
あらゆる要素がクリアに響いてくるシャープな感性…
何をとってもすべてが完璧であり、これが内田光子だ。

PHILIPS 422 412-2

|

« ヴラド・ペルルミュテール 1 | トップページ | 黒門亭で志ん弥・駒三・白鳥 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/53895058

この記事へのトラックバック一覧です: 内田光子 1 ~ドビュッシー:

» ポリーニのショパン・リサイタル(1968年盤) [クラシック音楽ぶった斬り]
どの演奏にも、切れば血が出るような生命力に満ち溢れている。 [続きを読む]

受信: 2012年2月22日 (水) 11:16

« ヴラド・ペルルミュテール 1 | トップページ | 黒門亭で志ん弥・駒三・白鳥 »