« 光ネクスト ハイスピードへ | トップページ | 柳家小満ん 「芝浜異聞」 »

2012年2月13日 (月)

落語につぶやき 148~夢金

先日も「夢金」について書いたばかりなのだけど
今ではすっかり聞けなくなってしまった本当のオチに関して、
小判の包みを握ると…あまりの苦しさに目が覚めて、
するとそこは船宿の二階であり…自分の金を握っていた…
それで「夢金」なのであり…実際には聞いたことがなかったのだけど
先月放送された落語研究会の志ん輔師匠のオチがそれだった!
驚いた。録画を見ていて、思わずそこだけ見直してしまった。
ちょっと感動!このオチ…憧れていたので。憧れは変だけど。
下品でバカバカしいという展開だが、これぞ落語っぽくて、味わい。
「静かにしねえかい(夢)」でカッコよく決めるのもいいけれど
こちらのくだらないオチもたまには聞かせてほしい!

|

« 光ネクスト ハイスピードへ | トップページ | 柳家小満ん 「芝浜異聞」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/53978079

この記事へのトラックバック一覧です: 落語につぶやき 148~夢金:

« 光ネクスト ハイスピードへ | トップページ | 柳家小満ん 「芝浜異聞」 »