« 2月9日の感想 | トップページ | 今日の風景から~藤沢市1 »

2012年2月10日 (金)

アリシア・デ・ラローチャ 2

今日はラローチャによるグラナドスを聞いている。
前回のスペイン舞曲集に続いて今回はゴイェスカスである。
最初に演奏会用アレグロとゆっくりした舞曲。
そして全6曲からなる組曲「ゴイェスカス」と「わら人形」。
1989年12月4-6日と1990年4月11日にニューヨークで収録。
ゴイェスカスは1976年のDECCAへの録音も有名だと思うのだが、
こちらはRCAへの移籍後で…やはり超名盤といえるのだろう。
でもこの組曲「ゴイェスカス」という作品はなかなかの難題である。
各曲に表題が付けられており、物語的なイメージが豊かに広がり…
独特の雰囲気や暗い中にも濃厚な色彩を放つ…その鮮やかさは
圧倒的な存在感といえるのだが、一方で捉えどころのない難解さだ。
でも素晴らしいのである。何ともいえない聞くものを虜にする力がある。

CDR725

|

« 2月9日の感想 | トップページ | 今日の風景から~藤沢市1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/53951454

この記事へのトラックバック一覧です: アリシア・デ・ラローチャ 2:

« 2月9日の感想 | トップページ | 今日の風景から~藤沢市1 »