« 落語につぶやき 147~夢金 | トップページ | ピエール・ブーレーズ »

2012年2月 6日 (月)

ニューイヤーコンサート2012

元日に行われたウィーンフィルのニューイヤーコンサート。
今年の指揮はマリス・ヤンソンス。2006年以来、二度目の登場。
毎年のことながらウィーンフィル独特のシュトラウスであり、
指揮者の存在を忘れて…とにかくその音楽が楽しいのである。
でもこのしっかりとした造形で…引き締まった響き、
シンフォニックな躍動感は、やはりヤンソンスならではだ。
私はヤンソンスが大好きなので、何ともいえない幸福感なのだけど、
選曲も魅力的だし、実にいいコンサートであった。
今年は引用のある作品が集められているようで
ラデツキー行進曲のフレーズがいきなり流れる祖国行進曲にはじまり、
「美しく青きドナウ」のメロディによるワルツ「市庁舎舞踏会でのダンス」、
ロッシーニの「ウィリアム・テル」によるシュペール・ギャロップ、
「カルメン」カドリーユというふうに…面白い曲が並んでいる。
そしてこの十年、大人気のヘルメスベルガーは「悪魔の踊り」。
私が特に気に入ったのは、北国のヨハン・シュトラウスこと
デンマークの作曲家でハンス・クリスチャン・ルンビーによる
「コペンハーゲンの蒸気機関車のギャロップ」である。
そしてヤンソンスにちなんでだと思うが、ニューイヤー初登場の
チャイコフスキーは「眠りの森の美女」からのパノラマとワルツ。
後半は、思わずカラヤンを思い出してしまうワルツ「うわごと」、
続いてポルカ「雷鳴と電光」という流れは、もうとにかく最高だ!
臨場感ある録音も素晴らしいし、作品も変化に富んでいて、
近年でも特に夢中になったニューイヤーコンサートであった。

SONY 88697927102

|

« 落語につぶやき 147~夢金 | トップページ | ピエール・ブーレーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/53920664

この記事へのトラックバック一覧です: ニューイヤーコンサート2012:

» ヤンソンス&バイエルン放送響のマーラー:交響曲第7番「夜の歌」(SACD HYBRID) [クラシック音楽ぶった斬り]
ヤンソンスの指揮は作品全体を俯瞰し、奇抜とさえ言えるこの作品の性格をじつに見事に描ききっていると言えよう。 [続きを読む]

受信: 2012年2月25日 (土) 15:40

» ヤンソンス&バイエルン放送響のブルックナー:交響曲第7番(SACD Hybrid) [クラシック音楽ぶった斬り]
指揮者の解釈云々ではなく、ブルックナーの「第7」の音楽の素晴らしさ、美しさがダイレクトに伝わってくる。 [続きを読む]

受信: 2012年2月26日 (日) 13:35

» ハイドン:ミサ曲第14番『ハルモニー・ミサ』/交響曲第88番『V字』/シンフォニア [クラシック音楽ぶった斬り]
ハイドンの12曲あるミサ曲の最後を飾るこの作品の息を飲むような演奏が堪能できる。 [続きを読む]

受信: 2012年2月26日 (日) 14:00

» クライツベルク&ウィーン響のシュトラウス:ウィンナ・ワルツ集 [クラシック音楽ぶった斬り]
どれも華やかさはないものの、大変きちんとした演奏スタイルで、まじめな音作りが施されている。 [続きを読む]

受信: 2012年3月 1日 (木) 06:17

» プレートル&ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート2010 [クラシック音楽ぶった斬り]
プレートルは85歳の老齢ではあるが、そのような老いの影など微塵も感じられない。 [続きを読む]

受信: 2012年3月11日 (日) 23:48

« 落語につぶやき 147~夢金 | トップページ | ピエール・ブーレーズ »