« 内田光子 1 ~ドビュッシー | トップページ | 落語につぶやき 147~夢金 »

2012年2月 4日 (土)

黒門亭で志ん弥・駒三・白鳥

今日は志ん弥師匠の「夢金」をお目当てに黒門亭へ。
第2部は白鳥さんがトリで「ニュー宿屋の仇討」がネタ出しで
もちろん古典の改作だけど…「宿屋の仇討」は大好きな噺なので
一体どうなることやら…楽しみにしていたのだが、私の場合、
新作はどういう展開になっても大体喜んで聞いているのである。
古典落語を古典として演じていて、しかしいろいろ設定を変えて、
思いつきでいじくりまわしている方が、私はどうも抵抗を感じる。
しかしながらそちらの方が受けているのであり…すると
流行に逆らっているようで…まあ自分の価値観をしっかりもって、
聞きたいものを聞けばよいか…好みは人それぞれだから。
それにしても渋いところが好き。結果を先に書いてしまうけど
新作と新作に挟まれた駒三師匠「親子酒」の素晴らしかったこと!

第1部
柳家フラワー:小町~道灌
三遊亭たん丈:秋田弁金明竹
古今亭菊寿:風呂敷
松旭斎美智:奇術
古今亭志ん弥:夢金


今日の前座さんは花緑一門のフラワーさん。
前に一度聞いたことがあって、顔を見たらすぐに思い出した。
「道灌」を「小町」付きで…八つぁんとご隠居さんの対比もしっかりだし、
そのご隠居だが、なんだか嫌らしいところのあるご隠居で
乱暴な八つぁんと癖のあるご隠居という…個性的なところもあり、
まだいかにも前座という印象だけど、そのうちに貫録が出てきたら
どんな噺家になるのだろう…って、今から楽しみである。
続いてたん丈さんが、自虐的なマクラから…しくじりの話で
しかしそこから噺に入ると一気に勢いが出て、たん丈さんっていい!
そのしくじり話…というのは、持ち時間を超えて噺が長すぎたという
今日はその「秋田弁金明竹」を再演。これがよかった。
たん丈さんが秋田県の出身…というのも初耳だけど
今ではいろいろな地方の言葉で演じられる「金明竹」に
秋田弁があったとは!これが面白い。大阪よりもいいかも。
続いての菊寿師匠は今日がはじめて。実にスタンダードだ。
噺も古今亭の定番である「風呂敷」であり、まさに本筋である。
何一つ特別なことはないのに…実に味わいがあって、よかった。
落語らしい落語であり、どこか懐かしいものにふれるような…
安心して聞ける一席である。菊寿師匠はまた聞いてみたい!
美智さんのマジックの後、いよいよ志ん弥師匠である。
これがまたよかった。「夢金」はいい。立春とはいえ…今年は寒く、
噺の中の雪の冷たさ…凍りつくような夜の空気がリアルである。
すごく…今日聞く噺として…ピッタリと絶妙なタイミングだったかも。
志ん弥師匠の言葉の間とか声の印象…私には魅力的である。
いつも書いているけれど…志ん朝師匠と重なる部分があって、
真似とかそういうのではない…芸の方向性ではないかと…
目指すところが同じだったのか?たどり着いたところが同じだったのか?
その辺はよくわからないが、志ん弥師匠は素敵な噺家さんである。

20120204a1

今日も湯島天神にお参りしてきたが、
引き続き…受験シーズンで…ものすごい人出。

20120204a2

恒例の合格祈願の絵馬である。
入学試験の倍率よりも絵馬をここに掛ける方が
競争率は高いのではないか…という。
ものすごいエネルギーがここに凝縮されており…
見ているだけで元気になれる…活気ある湯島天神。

第2部
柳家フラワー:子ほめ
三遊亭鬼丸:圓歌劇場
金原亭駒三:親子酒
三遊亭白鳥:ニュー宿屋の仇討


開口一番のフラワーさんが「子ほめ」で
続いて鬼丸さんだが、白鳥ファンで満員札止めの
独特な客層を意識して…古典で勝負できないよ…という
まずは白鳥さんをいじり倒して…これが面白く、
そして鬼丸さん(若生さん)の入門までのドキュメントと
歌橘(あし歌)さんと歌奴(歌彦)さんも登場の修行風景で
圓歌一門の内弟子生活を描いた「圓歌劇場」。面白かった。
入門前の社会人時代の苦しい日々やそこからの脱走…
鬼丸さんは素直に正直に語るので心打つところがあり、
話にすっかり引き込まれるのだけど…すごくよかった。
いい話が聞けた。歌橘さんのネタも面白すぎて忘れられない…
そして駒三師匠である。前が漫談風だったというのもあるけれど
淡々と古典落語を進めていく駒三師匠があまりにも素晴らしい。
やはりそれぞれ持ち味があって、役柄もあるというか…
新作は古典を引き立て、古典はトリの新作を引き立てる。
お馴染みの酒や居酒屋、禁酒のマクラをいくつかふって、
慣れている人ならば「親子酒」だろうな…と思うのだが、
そのままストレートにやはり「親子酒」で…これが感動的!
こちらもいつもの通りに…よく知る「親子酒」なのだが、
駒三師匠の渋い中にも味わい深い高座ですっかり魅了された。
そして今日のトリは白鳥さんの「ニュー宿屋の仇討」。
黒門亭限定の…他所の寄席では決して演じられない…
危険な内容が多々含まれており、ネット書き込み禁止令もあって、
その凄まじさだけ…記録しておこう。噺の構成は「宿屋の仇討」だが
設定は現代の東京駅近くの安旅館で…登場人物は…少しだけ…
お侍の万事世話九郎はタイ人の元キックボクサーで…道路工事夫。
旅館の客引きは、井筒屋の喜多八でイハチである。そう喜多八殿下。
飲み屋の付けがたまって、旅館の客引きでバイト中。
江戸っ子の旅人三人組は…今回は二人だが、明日朝早く、
学校寄席に出発する柳家オヨンジ(小四治)師匠と弟子のミミ(三三)。
というような…これからとんでもない展開になるのだが、爆笑の連続で…
面白すぎ。会場も大いに盛り上がって、でも終わって、冷静に戻ると
ちょっと今回ばかりは毒がキツイかな…という。それで内容は
とてもとても書けないのである。白鳥さんも書くな!って…言ってたし。

20120204b

今日のお見送りはたん丈さんで…ありがとうございました。

20120204c

横浜に戻って、地元に帰ってからだけど
家系ラーメンのいち家で一杯食べてから帰宅。
満足で満腹な一日でした。

|

« 内田光子 1 ~ドビュッシー | トップページ | 落語につぶやき 147~夢金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/53908435

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭で志ん弥・駒三・白鳥:

« 内田光子 1 ~ドビュッシー | トップページ | 落語につぶやき 147~夢金 »