« 相棒ten 17 | トップページ | らくだ亭の「おせつ徳三郎」 »

2012年3月 1日 (木)

横浜の風景から 224

20120301

瀬谷区宮沢4丁目で宮沢神明社の近くだが、
中村の辻にて…庚申塔が二基祀られている。
ここはよく通る場所でお馴染みの風景だが、
今日は庚申塔をちょっと詳しく見てみることにして…
このところ…いつ建てられたのか?に興味がある。

左の庚申塔は「元禄十丁丑天 十一月吉日」とある。
元禄なので江戸時代だが、1697年のことで干支は「丁丑」。

右の庚申塔は「享保七壬寅天 十一月十八日」とある。
こちらも江戸時代だが、1722年で干支は「壬寅」であり、
左の庚申塔に比べ、風化が進み、少々痛みも激しいが、
右の方が多少新しいのであり、でもどちらも300年である。

|

« 相棒ten 17 | トップページ | らくだ亭の「おせつ徳三郎」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/54116337

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜の風景から 224:

« 相棒ten 17 | トップページ | らくだ亭の「おせつ徳三郎」 »