« 柳家小満ん 「位牌屋」 | トップページ | 横浜の風景から 229 »

2012年3月25日 (日)

横浜の風景から 228

今日は天気もよかったので…歩きたい!と
まずは相鉄線で瀬谷駅まで行って、
境川に沿って、北に向かってスタート。

20120325a1

瀬谷八福神でも有名な本郷3丁目の徳善寺。
ここの山門「平成門」はたいへんに立派だ。

20120325a2

徳善寺の入口で山門に向かって左手には、
お地蔵さまと道祖神がたくさん並んでいる。

20120325b

徳善寺からすぐのところに大六天神社がある。
石碑のみであったが、石段横の石塔は庚申塔。

20120325c

大六天から少し歩いたところの本郷1丁目だが、
道祖神があって、側面には「瀬谷村 宮本郷中」とある。
「瀬谷村」である。素晴らしい!ここに歴史あり。
最初「宮本」と読んでしまったが、ここは「本郷」だ。

20120325d1

瀬谷区本郷1丁目の日枝社。
かなり以前だけど瀬谷八福神めぐりをしたとき以来で
久しぶりに訪ねたが、変わらず立派な神社である。

20120325d2

日枝社の鳥居の左には地神塔があり、
右には庚申塔が五基もあった。
写真の庚申塔以外は、すべて文字塔である。

20120325e

日枝社からはすぐのところにある瀬谷神明社。
こちらも瀬谷区本郷1丁目。同じく二度目の訪問。

20120325f

瀬谷区中屋敷1丁目の中屋敷地蔵尊。
左の石塔は道祖神だが、他に地神塔もあった。

20120325g

瀬谷区中屋敷1丁目の瀬谷銀行跡。
明治から大正にかけて、瀬谷区、泉区では
養蚕業、製糸業が盛んに行われたそうだが、
そうした経済力を背景に明治40年、
瀬谷銀行は創業されたそうである。
30年にわたり地域金融事業の中心となって
地域の発展に寄与したとある。

20120325h

瀬谷区竹村町の北向地蔵尊。
ここで瀬谷柏尾道路に合流。
さらに北に向かって進む。

|

« 柳家小満ん 「位牌屋」 | トップページ | 横浜の風景から 229 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/54309864

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜の風景から 228:

« 柳家小満ん 「位牌屋」 | トップページ | 横浜の風景から 229 »