« 黒門亭で小袁治・清麿・南喬 | トップページ | 落語につぶやき 150~一つ穴 »

2012年3月 4日 (日)

試作品で小ゑん・喜多八

黒門亭の後、急ぎ列に並ぶ。
だいぶ後ろになってしまったので
いい場所は取れないだろうとあきらめていたけれど
なんといつもの座布団(位置)が空いていた!
やはり決まった場所は落ち着く。決まった角度。
そして黒門亭常連のお知り合いが後からいらして
並んで聞けたので…慣れ親しんだ感じは心地よい!

柳家小ゑん:長屋の花見
柳家喜多八:一つ穴
柳家小ゑん:レプリカント
柳家喜多八:蔵前駕籠

小ゑん師匠が季節のネタで「長屋の花見」。
今年最初の「長屋の花見」だ。外は寒いけど噺は春!
マクラにて…五代目小さん師匠にリンクした話題もうれしいし、
花見の趣向というので…小満ん師匠と小はん師匠も登場!
小ゑん師匠というと新作のイメージが強いけれど
古典も実にいい!もちろん新作は最高だけど、
私は古典の小ゑん師匠も好きである。
ひと癖もふた癖もあるご隠居とか今日は大家さんだけど
キャラの作り込みが細やかに少々刺激的で…たくさん笑った。
続いて殿下がはじめて聞く噺だ。嫉妬に狂ったおかみさん!
お妾さん宅でおかみさんに乗り込んでこられて、
旦那は最初のうち…うろたえながらも必死に言い訳しているけれど
最後は一転!土下座して平謝り、おかみさんの怒りは爆発!という
この上なくハチャメチャな展開で…最高に面白かった。
そしてここで重要な役割を果たすのが飯炊きの権助で
相変わらず田舎者の強烈キャラだが、激しい絵に仕上がっていた。
会場にいらした本田久作さんに教えていただいたのだけど
この噺は「一つ穴」という噺だそうで…帰ってすぐに落語辞典で調べたが
おかみさんが権助のことを旦那と「一つ穴のキツネ、一つ穴のムジナ」
というところがあり…今日では「一つ穴のムジナ」という表現が使われるけれど
そこから「一つ穴」という題名が来ているそうである。面白かった。
後半は小ゑん師匠が「レプリカント」だ!こちらも大好きな噺で
実はラジオデイズの録音をいつも持ち歩いていて、
よく聞いているのだけど、何度聞いても…すべて話を知っていても
毎回、最高に面白いという…本当に傑作だと思う。私の好み!
最後に殿下が「蔵前駕籠」。この噺は何となく地味な印象もあったのだが、
最近はすっかり好きになって、というのは幕末の江戸であり、
先の見えない時代…荒れた町の情景、恐怖におびえる人々の暮らし、
しかしその一方で吉原のような…どんな暗いときにあっても
華やかさや活気を失わない不変な場所もあったわけだし、
またそこで命がけで女郎買いに出掛けようとする男のすさまじさ!
馴染みの女郎から来てくれとの誘いの手紙があったというけれど…
そんなのは商売上の都合のよい営業手紙なのであろうし、
そしてそんなことは男の方でも百も承知なのだろう…という
その辺の駆け引き具合を考えると江戸末期の話題の面白さ!
こんな感じの「試作品」であったが、今日は朝から…
久しぶりに夜まで居続けの一日で…楽しかった。

|

« 黒門亭で小袁治・清麿・南喬 | トップページ | 落語につぶやき 150~一つ穴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/54151201

この記事へのトラックバック一覧です: 試作品で小ゑん・喜多八:

« 黒門亭で小袁治・清麿・南喬 | トップページ | 落語につぶやき 150~一つ穴 »