« 柳家小満ん 「蒟蒻問答」 | トップページ | 横浜の風景から 228 »

2012年3月24日 (土)

柳家小満ん 「位牌屋」

昨日に続いて、今年1月の柳家小満んの会の録音から
今日は1月18日の関内ホールでの横浜の会。
演目は「六尺棒」「位牌屋」「夢金」の三席である。
この日は会場で聞いたけれど…聞き直すと実に楽しいのである。
道楽者、ケチ、欲ばりを主役に金にまつわる噺が並んでいるが
カラッと笑える明るいネタというところが正月の会なのである。
「夢金」はもちろん素晴らしいが…私は「位牌屋」が大好きで
オマケでもらってきたお位牌を生まれたばかりの若さんに
という…ゾッとするようなオチが何とも刺激的である。
「夢金」はやはり雪の透明な空気が噺の中に満ちていて、
それもみんな夢だった…という展開にはズッコケてしまうが、
でも考えてみると二百両という大金を手に入れて
たとえ夢でも…なんていい夢なのだと…そんな夢は見てみたい。
名作ぞろいの冬の噺の中にあっても格別である。

CDは下記のサイトから購入できます。
みなさんもぜひお聞きになってください。
http://www.comann.info/

|

« 柳家小満ん 「蒟蒻問答」 | トップページ | 横浜の風景から 228 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/54300171

この記事へのトラックバック一覧です: 柳家小満ん 「位牌屋」:

« 柳家小満ん 「蒟蒻問答」 | トップページ | 横浜の風景から 228 »