« 横浜の風景から 232 | トップページ | 横浜の風景から 233 »

2012年3月31日 (土)

黒門亭で小ゑん・菊丸

今日は小ゑん師匠と菊丸師匠をお目当てに黒門亭へ。
第2部は菊丸師匠の文化庁芸術祭優秀賞の受賞記念で
春の大ネタ「百年目」である。これは聞かねばなるまい!
強風と雨による春の嵐で…とんでもない天気だったが、
実は午前中は雨にも降られずに…無事に到着して、
途中、昼食を食べに出かけたとき…少し降られたが、
帰りはやんでいたので…それほど被害はなかったのである。

第1部
三遊亭ございます:テロ弁当
柳家小三太:万病円
橘家半蔵:祇園祭
春風亭朝也:四段目
柳家小ゑん:恨みの碓氷峠


今日の前座さんはございますさん。新作を披露!
臭いフェチの彼女が作ってくれたという弁当は、
電車の中で異臭を放ち!くさやの干物は当り前の…
世界中のくさいゲテモノ料理が集められた恐怖のネタ。
ちりとてちんで作った麻婆豆腐は「腐った豆腐の味!」とか
なぜか発酵食品ばかりだけど…聞いているときはきつかったが、
思い出すとこれが面白いという…まさに臭いは残って、
これは当分の間、消えないかも…第2部は「手紙無筆」。
順番が入れ替わりで先に小三太さんが登場。
強風で総武線が止まっている…とか、鈴本に穴が開く!って、
お囃子さんと朝也さんが助っ人に行ってしまった。
小三太さんは「万病円」。実は前に聞いたときも
この噺だったのだ…あの棒読みの芸風はスゴイ。
柳家の秘密兵器。強烈な存在感である。
続いて半蔵さんが「祇園祭」だが、伊勢詣りの江戸っ子が
京都の祇園祭に立ち寄って、京都人と酒の席で喧嘩になるという。
この京都人がかなり大阪的。江戸っ子に喧嘩を売っている印象で
いままで聞いてきた「祇園祭」のイメージだと…京都の人は
お国自慢と江戸批判を無意識のうちに何気なく口にするのであり、
その辺が江戸っ子にとって、いちいち癇に障るという…
そういう噺かなと私は思っていたのだが、京都という土地に
絶対の自信をもっているので…他所の土地(江戸)の悪口を言っても
京都よりも劣るのは当り前なのであって…自分の失礼にも反省がない。
そこに江戸っ子の怒りは爆発して、土地が変われば…
住んでいる人の心もずいぶんと異なるという…よくできた噺だ。
仲入り後、お囃子さんが復活!朝也さんが登場で…噺は「四段目」。
最初は「七段目」かと思ったのだが、怒られるのは定吉の方だった。
朝也さんは一之輔さんの真打披露興行の番頭さんで、ただいま大忙し。
落語はもちろんのこと、着物を着るのも久しぶりだそうな…
今日は31日で定席は余一会なので…黒門亭に出られたのだが、
楽しそうにいきいきと演じている朝也さんを見ていて、こちらもまた
幸せな気持ちになってしまうのだから、落語の本当の魅力、
落語の力とは、この辺にあるのかな…って、ふと思ったのであった。
第1部のトリは小ゑん師匠で「恨みの碓氷峠」だ。この噺ははじめて。
「碓氷峠」と来るから…鉄ちゃんの噺だろう!とは思っていたのだけど、
冒頭で…すっかり鉄道ファンに育ったつばさ君と大喜びのお父さん、
その状況にご機嫌斜めのお母さんが出てくるので…おっ、これは!
「鉄の男」の(下)なのか!なんて思ってしまったのだが、
いやいや、噺はさらに大胆に展開して、サスペンス!なのである。
新作なのでこの辺にしておくけれど、鉄道アイテムがたくさん出てきて、
秋葉原の鉄道カフェも舞台…これがなんと実在するそうな…
今回も爆笑の連続で…傑作だ。今日の録音!ぜひ配信してください。
小ゑん師匠の噺の魅力で…今日の鉄道ネタにおいても…レトロ趣味、
懐かしい話題、消えゆく鉄道グッズ、…などが噺の中に散りばめられていて、
落語ファンって、そういうのが大好きなので、我々の心をつかむな!という
小ゑん師匠の新作って、そうなのである。実際に古典ファンも唸らせているし!
ひとつ忘れていけないのが、カゲッチこと景山さんももちろん登場。
ディープな鉄道オタクでカゲッチが出てくるとマニアック度急上昇!
ちょっと近寄りがたい壮絶キャラだが、景山さんは愛すべき存在。

20120331a

第2部 祝・芸術祭受賞
三遊亭ございます:手紙無筆
金原亭小駒:鷺とり
マギー隆司:マジック
古今亭菊丸:百年目

開口一番のございますさん「手紙無筆」の後、
小駒さんが「鷺とり」。小駒さんは上手い。実にいい!
最も真打に近いところにいながら…今年は昇進がなかったが
来年の春こそは、順当に真打昇進してほしいと思う。
続いてマギー隆司さんのマジック。面白い。
マギーの芸風なので…なんだか騙されているような不思議な感覚で
完全にネタばらしして、実にバカバカしい…笑ってしまう部分と
一方で「何で?スゴイ!」というところは触れずに帰っちゃうので
楽しいのである。それにしても(本人認める)馬遊さんにそっくり!
今日のトリは菊丸師匠「百年目」だ。いうまでもなく感動的一席。
「百年目」なので、噺が文句なしに素晴らしいのだが、
それをさらに…菊丸師匠がきっちりと…しっかり引き締める。
花見の場面で開放するところでは、一気に華やかに明るくなるし、
一方で後半の旦那とのやり取りなど、まさに締っている部分で
その折り目正しい格調高さに…とにかく噺の情景に引き込まれる。
旦那が「来年こそは店をもたせるから…これからもお願いしますよ」と
番頭の治兵衛さんが許されるところで…激しく泣き崩れる…
ここは菊丸師匠の独特の演出かな?と思うのだが、
旦那の方も大笑いしながら手拭いで目頭を拭っているのであり、
後半はすべて感動的ではあるけれど、やはりここが最高ではないかと。
今日は東京が桜の開花だそうで…本当にぴったりのタイミングであり、
でも同時に季節のネタとしては、今年の「百年目」もそろそろ終了で、
しかしここで素晴らしい一席が聞けたので、十分に堪能したという
そういう気分である。明日から四月。噺の方は夏へと進もう!

20120331b

|

« 横浜の風景から 232 | トップページ | 横浜の風景から 233 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/54361985

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭で小ゑん・菊丸:

« 横浜の風景から 232 | トップページ | 横浜の風景から 233 »