« 4月21日の感想~迷惑電話対策 | トップページ | ロシアのピアノ協奏曲 1 »

2012年4月22日 (日)

マレイ・ペライア 4

今日はマレイ・ペライアによるシューベルトとシューマンで
どちらも幻想曲だが、シューベルトのさすらい人幻想曲と
シューマンの幻想曲ハ長調で…シューベルトもハ長調だけど、
同じ調性で書かれていてもずいぶんと印象は違って…面白い。
シューベルトが1983年12月27,28日にニューヨークで
シューマンは1984年12月17-19日にトロイで収録されている。
このCDも昔からお気に入りなのだが、久しぶりに聞くと
また何とも魅力的に感じられ、新しい発見もあるような…
楽しいひとときである。細やかな表情を丁寧に弾いているところ
弱音の繊細な響きなど…ペライアならではとまずそういう感想だが、
でもシューベルトとシューマンであり、ドイツ音楽のしっかりとした骨格、
音の厚みと広がり、その辺もまた作品の性格はきちんと伝わってきて、
素晴らしい演奏である。シューマンの幻想曲は、交響的な作風であり、
そうした方向性を強く打ち出す演奏も多いが、それらに比べると
ペライアは柔らかい質感、軽やかな響きを大切にして、
いわゆる「幻想」のイメージを最大限に引き出している。

CBS MK 42124

|

« 4月21日の感想~迷惑電話対策 | トップページ | ロシアのピアノ協奏曲 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/54537051

この記事へのトラックバック一覧です: マレイ・ペライア 4:

« 4月21日の感想~迷惑電話対策 | トップページ | ロシアのピアノ協奏曲 1 »