« 小噺「易者の占い」 | トップページ | アンドレ・プレヴィン 7 »

2012年4月29日 (日)

今日の風景から~海老名市

相鉄線の終点で海老名まで行って、
目久尻川沿いに…さがみ野駅までの二駅の区間を
今日はのんびりと歩いてきた。晴天で初夏の暑さ。

20120429a

海老名駅から10分ほどの相模国分寺跡。
奈良時代に全国に築かれた国分寺については
昔、歴史の授業で習った記憶があるけれど
相模国はここ海老名に建立されたのである。
東西に塔と金堂が配置され、相当の規模であったらしい。

20120429b

海老名市国分南2丁目にある伊勢山大神宮。
急な階段を上って、山の上にあるが、
まわりを伊勢山自然公園の森に囲まれている。

20120429c

伊勢山大神宮からはすぐのところだが、
目久尻川の目久尻橋である。上流で北の方角を見ている。
ここからは目久尻川に沿って歩くことにする。

20120429d

目久尻橋から15分ほど歩いた伊勢下村橋。
正面の土手の上には相鉄線の線路が見える。

20120429e1

海老名市柏ヶ谷の御岳神社。

20120429e2

御岳神社の庚申塔だが、文字塔の側面には
「一カ延宝庚申年十一月吉日」とあり、
延宝八年の1680年のことで…これまた古い。
「左○○や」ともあるので、道標も兼ねているのだろう。
厚木街道ということで…「保土ヶ谷」であろうか?

20120429f

御岳神社から山に向かって坂を上って行き、
途中、馬頭観世音があり、ここが峰塚であろうか?

20120429g1

そしてさらに進むと富士塚がある。

20120429g2

富士塚にはやはり庚申塔。「庚申」の文字の横に
「文化十三丙子年九月吉日」とあり、1816年である。
土に埋もれているが「柏谷講中」とあるのか?

20120429h1

海老名市柏ヶ谷の子育地蔵。

20120429h2

子育地蔵にある庚申塔。

20120429i

再び目久尻川で弥生橋。上流で北東の方角を見ている。

20120429j

海老名市国分北4丁目の杉本稲荷社。

20120429k

海老名市上今泉6丁目の萩原神社。

20120429l1

しばらく歩いて、座間市に入り、さがみ野の駅に近づいてくるが、
座間市南栗原4丁目の巡礼橋である。ここで目久尻川とお別れ。

20120429l2

巡礼橋のすぐ横には、龍蔵神社。

20120429l3

巡礼橋から巡礼坂を上っていくが、その上り口に
昭和六年九月建立の馬頭観世音と地蔵尊。

15分ほど歩くとさがみ野の駅に着くが、
今日は帰りも相鉄線に乗って、帰路に。

|

« 小噺「易者の占い」 | トップページ | アンドレ・プレヴィン 7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/54590442

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の風景から~海老名市:

« 小噺「易者の占い」 | トップページ | アンドレ・プレヴィン 7 »