« 横浜の風景から 246 | トップページ | マリア・ジョアン・ピレシュ 1 »

2012年5月19日 (土)

横浜の風景から 247

20120519c1

相鉄いずみ野線のゆめが丘…そして地下鉄の下飯田から
しばらく田舎道を歩いて、泉区和泉町の鍋屋橋まで来た。
北の方角で和泉川の上流を見ている。

20120519c2

同じく鍋屋橋にて、和泉川の下流方向だが、
このすぐ先で境川と和泉川は合流し、その先は境川となる。

20120519d

泉区和泉町の密蔵院弁財天。
きれいな湧き水の神秘的な場所で…昔の人々は
この場所を選んで、弁財天をお祀りしたのだろう。

20120519e

しばらく歩き、戸塚区俣野町に入ったが、
交差点に三基の庚申塔が祀られていた。
左の庚申塔は「安永五丙申 十一月吉日」とあり、
1776年の造立である。かなり風化が進んでいる。注意!
中央は新しい庚申塔で「昭和四十三年戊申十月吉日」。
右の庚申塔は「弘化三丙午 十一月吉日」とあり、
1846年の造立である。江戸後期の庚申塔だ。

20120519f

さらに少し歩くと…再び庚申塔が二基。
左の新しい庚申塔は、元禄九年のものを作り直したようだ。

20120519g

戸塚区俣野町にある相州春日神社。
こんな立派な神社があることは知らなかった。
奈良と同じく鹿がいて、鹿煎餅も売っていた。

20120519h1

戸塚区俣野町の俣野神社。
春日神社からすぐの場所であるが、
こちらは地域の神社である。

20120519h2

森に囲まれて、ひっそりとした俣野神社。

20120519i

俣野橋で境川を越えると藤沢市である。
境川の上流で北西方向を見ている。
戸塚区俣野町から藤沢市西俣野へ…
藤沢市亀井野の六会の周辺を歩き、湘南台へ。

20120519j

藤沢街道の亀井野交差点を曲がり
湘南台1丁目の「西輝家」でラーメン。
スタンダードにしょうゆを選んでみたが、
こちらのお店もクリーミーな味わいで
私的には好みのスープである。
麺と焼豚もおいしかった。

|

« 横浜の風景から 246 | トップページ | マリア・ジョアン・ピレシュ 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/54750657

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜の風景から 247:

« 横浜の風景から 246 | トップページ | マリア・ジョアン・ピレシュ 1 »