« アンドレ・プレヴィン 7 | トップページ | 圓生百席 「真景累ヶ淵(五)」 »

2012年5月 1日 (火)

マリス・ヤンソンス 7

マリス・ヤンソンス指揮オスロフィルによる
チャイコフスキーの交響曲全集より最後の一枚。
今日はマンフレッド交響曲を聞いている。
1986年11月26-29日、12月5日にオスロで収録。
考えてみると…マンフレッド交響曲を聞くのは十年ぶりのこと。
すっかり抜けてしまった。元々あまり聞いていないのだけど。
ここでもヤンソンスは、スッキリとした音で明瞭な音楽を聞かせ、
オスロフィルがまた透明な響きで…明るい輝きが魅力的であり、
演奏はいいと思うのだけど、しかしこれがあまり面白くない。
先ほども書いた通り、私の中であまり音楽に馴染めない…
ということが大きいのである。マンフレッド交響曲は
これから少し勉強しないといけない。また聞きたいと思う。
それほど録音も種類がなくて…機会がないというのが問題だ。

CDR750

|

« アンドレ・プレヴィン 7 | トップページ | 圓生百席 「真景累ヶ淵(五)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/54607626

この記事へのトラックバック一覧です: マリス・ヤンソンス 7:

» ヤンソンス&コンセルトヘボウの:ムソルグスキー:展覧会の絵(ラヴェル編) [クラシック音楽ぶった斬り]
ヤンソンスの進境の著しさをあらわす素晴らしい名演である。 [続きを読む]

受信: 2012年5月 3日 (木) 14:40

» ヤンソンス&コンセルトヘボウのシベリウス:交響曲第2番 [クラシック音楽ぶった斬り]
コンセルトヘボウ管弦楽団特有の暖色系の音色の弦楽器群や木管楽器のカラフルなソロが耳に心地が良い。 [続きを読む]

受信: 2012年5月 7日 (月) 00:08

» ヤンソンス&サンクトペテルブルク・フィルのラフマニノフ:交響曲第2番 [クラシック音楽ぶった斬り]
ラフマニノフの美しい旋律を徹底的に歌い抜いた名演と高く評価したい。 [続きを読む]

受信: 2012年5月 7日 (月) 13:12

» 小澤&ボストン響のチャイコフスキー:交響曲第5番 [クラシック音楽ぶった斬り]
どこをとってもコクのある濃密な音楽が紡ぎ出されている。 [続きを読む]

受信: 2012年5月 7日 (月) 20:25

» マルケヴィチ&ロンドン響のチャイコフスキー:交響曲全集 [クラシック音楽ぶった斬り]
マルケヴィチのチャイコフスキーはとにかく個性的で、まさに鬼才の名に相応しい至芸を披露していると言える。 [続きを読む]

受信: 2012年5月 8日 (火) 14:36

» ヤンソンス&コンセルトヘボウのマーラー:交響曲第3番(1893-96, 1906年改訂/カール・ハインツ・フュッスル校訂版) [クラシック音楽ぶった斬り]
ヤンソンスは、全体の造型をいささかも弛緩させることなく的確に纏め上げるとともに、スケールの大きさを損なっていない。 [続きを読む]

受信: 2012年5月17日 (木) 12:40

« アンドレ・プレヴィン 7 | トップページ | 圓生百席 「真景累ヶ淵(五)」 »