« 横浜の風景から 242 | トップページ | 落語につぶやき 155~雑俳 »

2012年5月11日 (金)

古今亭志ん朝 「百川」「雛鍔」

今日は志ん朝師匠を聞いているのだが、
季節の噺で「百川」と「雛鍔」の二席。
「百川」は夏の間、よくかかるけれど
「雛鍔」は五月でまさにいま聞かないと!
いうまでもなく最高に素晴らしいのだが、
噺の中身をしっかり聞いていくと…
志ん朝師匠の台詞は極めてスタンダードで
というと間違った受け取り方だろうけれど…
今日ある型…語られている噺というのは、
やはり志ん朝師匠が基本になっているなって。
私にとって…「雛鍔」などは、さらに昔の噺家で
三代目の金馬師匠の録音で親しんだのだが、
いまではそれほど聞けないけれど…この噺は楽しい。
一之輔さんも演じているし、もっと広まってほしい!

|

« 横浜の風景から 242 | トップページ | 落語につぶやき 155~雑俳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/54687352

この記事へのトラックバック一覧です: 古今亭志ん朝 「百川」「雛鍔」:

« 横浜の風景から 242 | トップページ | 落語につぶやき 155~雑俳 »