« 横浜の風景から 250 | トップページ | イーヴォ・ポゴレリチ 4 »

2012年6月24日 (日)

黒門亭の左吉・きく麿・小駒

以前にインターネット落語会で配信された
第1521回黒門亭からの三席を聞いている。
日曜日の第1部で「光る二ツ目の会92」
初音家左吉:鰻屋
林家きく麿:エスパー集団(特別エスパーロマン組)
金原亭小駒:千両みかん
平成22年5月23日に黒門亭で収録。
まずは左吉さんの「鰻屋」で…左吉さんって
よく今松師匠の会に出ているそうだけど、
この「鰻屋」を聞いていると…今松師匠が思い浮かぶ。
声の感じとか言葉遣いのニュアンスだと思うけど、
鰻屋の主人が特に今松風な仕上がりなのである。
そしてきく麿さんの「特別エスパーロマン組」だ。
この不思議ワールドがたまらなく好きで…
きく麿さんのほんわかした雰囲気が心地いい。
今回の「ロマン組」もそうだけど…いつもちょっと
変な集団が出てきて、きく麿さんの着眼点って、面白い!
「ロマン組」も聞けば聞くほど味わい深い変な集団。
小駒さんの「千両みかん」は、はじめて聞く型で
番頭さんが炎天下の江戸を彷徨う場面はなくて、
馴染みの八百屋さんから神田の田町へ行ったらいいと
真っ直ぐにみかん問屋の「万惣」へと向かう。
汗だくになって朦朧としている番頭さんが出てこないので
きれいな仕上がりというか…爽やかな印象の「千両みかん」。

|

« 横浜の風景から 250 | トップページ | イーヴォ・ポゴレリチ 4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/55044048

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭の左吉・きく麿・小駒:

« 横浜の風景から 250 | トップページ | イーヴォ・ポゴレリチ 4 »