« 横浜の風景から 251 | トップページ | スティーヴン・コヴァセヴィチ 2 »

2012年7月 1日 (日)

落語につぶやき 165~近日息子

今日はネット上にある喜多八殿下の「近日息子」で
近日息子とは、近日は近い日だから明日のことだと
とんでもない解釈をする与太郎さんのことで
落語における愛すべきキャラの与太郎が活躍する噺だが、
与太郎に小言をいっていると調子が悪くなる…という親父に
ならば先回りして気を効かせてやろうと医者を呼んできたり
葬儀社を手配して、長屋の衆も続々と悔やみに来てしまい、
親父はまた怒ってしまうが、そこで与太郎さん…
長屋の連中もあまり利口じゃねえなあ。
「忌中」の脇に「近日」と書いておいた。
「近日忌中」というオチ。これはなかなか面白くて好き。
落語事典で調べてみると…三代目桂三木助が
二代目桂春団治から教わったとある。
つまりはこの噺も元は上方の噺だったわけだ。

|

« 横浜の風景から 251 | トップページ | スティーヴン・コヴァセヴィチ 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/55099036

この記事へのトラックバック一覧です: 落語につぶやき 165~近日息子:

« 横浜の風景から 251 | トップページ | スティーヴン・コヴァセヴィチ 2 »