« 落語につぶやき 168~二人旅 | トップページ | クリスティアン・ツィメルマン 1 »

2012年7月23日 (月)

スティーヴン・コヴァセヴィチ 4

1968年のスティーヴン・コヴァセヴィチによる
ベートーヴェンのディアベッリの主題による変奏曲。
1968年2月14-16日にロンドンで収録されている。
コヴァセヴィチのベートーヴェンはやはり素晴らしい!
1990年代のEMIにおけるソナタ全集が有名だが、
これらの若い頃の録音も圧倒的な魅力である。
たっぷりと鳴り響く重々しいベートーヴェンではないが、
音楽には勢いがあり、力強く存在感のある音色、
そして何より細部の鮮やかさは、聞くものに
極上の喜びを与えてくれる。実に明快である。
それにしても…私はこの変奏曲が大好きだ!

CDR773

|

« 落語につぶやき 168~二人旅 | トップページ | クリスティアン・ツィメルマン 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/55265035

この記事へのトラックバック一覧です: スティーヴン・コヴァセヴィチ 4:

« 落語につぶやき 168~二人旅 | トップページ | クリスティアン・ツィメルマン 1 »