« カラヤンの1970年代 17 | トップページ | 落語につぶやき 166~半分垢 »

2012年7月 6日 (金)

ベルナルト・ハイティンク 9

ベルナルト・ハイティンク指揮ロンドンフィルによる
ショスタコーヴィチの交響曲第1番と第9番。
1980年1月にロンドンのキングズウェイ・ホールで収録。
ハイティンクのショスタコーヴィチは、やはり私は好きだ。
音楽への誠実な姿勢、生真面目なまでの厳格さ、
オーケストラを引き締めて、きめ細かくコントロール、
スタンダードな印象ながら…だからこその名演である。
ロンドンフィルとは残り…交響曲第2番と第3番。
その後はロイヤル・コンセルトヘボウとの録音になる。

CDR768

|

« カラヤンの1970年代 17 | トップページ | 落語につぶやき 166~半分垢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/55136080

この記事へのトラックバック一覧です: ベルナルト・ハイティンク 9:

» ゲルギエフのショスタコーヴィチ:交響曲第4番 [クラシック音楽ぶった斬り]
楽曲の細部に至るまで彫琢の限りを尽くした精緻な表現が施された演奏。 [続きを読む]

受信: 2012年7月 9日 (月) 12:52

» ゲルギエフのショスタコーヴィチ:交響曲第4番 [クラシック音楽ぶった斬り]
楽曲の細部に至るまで彫琢の限りを尽くした精緻な表現が施された演奏。 [続きを読む]

受信: 2012年7月 9日 (月) 15:21

« カラヤンの1970年代 17 | トップページ | 落語につぶやき 166~半分垢 »