« 横浜の風景から 262 | トップページ | 横浜の風景から 263 »

2012年8月15日 (水)

圓生百席 「三人旅」

圓生百席から「三人旅」を聞いている。
夏なので旅の噺がいい!というのと…
「三人旅」の通しを聞きたいと思っていたのだ。
でも通しとはいいながら、「発端」はなくて、
圓生師匠は「びっこ馬」と「おしくら」である。
聞いてみたら…柳家の「三人旅」とは違うみたいだ。
「発端」から「神奈川宿」で「おしくら」は小田原宿だと
「三人旅」は東海道の噺だと思っていたのだが、
圓生師匠は中山道だそうである。旅籠に関しても
柳家の方では「鶴屋善兵衛」、圓生師匠は「かどや」。
旅籠の飯盛り女でその地方の呼び方で「おしくら」という…
しかしこの呼び方は、東海道ではなく中山道の方だそうで
その点で圓生師匠はこちらの設定なのかもしれない。
でも印象としては、慣れているということもあって、
東海道で小田原宿の方が聞きやすい。

|

« 横浜の風景から 262 | トップページ | 横浜の風景から 263 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/55431914

この記事へのトラックバック一覧です: 圓生百席 「三人旅」:

« 横浜の風景から 262 | トップページ | 横浜の風景から 263 »