« 落語につぶやき 177~粗忽長屋 | トップページ | ゾルターン・コチシュ 3 »

2012年9月 9日 (日)

アルフレッド・ブレンデル 10

今日はブレンデルが聞きたくなって、CDを出してきた。
リストの巡礼の年第2年「イタリア」である。
1986年3月24-26日にロンドンで収録されている。
このCDは高校生の頃に夢中になって聞きこんだのだが、
それ以来、ずっとお気に入りで、ブレンデルの名盤であると思う。
巡礼の年というとラザール・ベルマンの演奏も有名で
そしてこの録音よりも少し前にホルヘ・ボレの名演もあって、
それらとは少し違った味わいもあるように思われるが…
ブレンデルのリストは独特の趣をもっているように感じられる。
柔らかい感触のほどよい重さをもった音色が実に心地よくて、
色合い豊かな美しい情景と…ブレンデルのリストは本当に素晴らしい。
表面的な華麗さに走らずに…落ち着きある深い響きに感動する。

PHILIPS 420 169-2

|

« 落語につぶやき 177~粗忽長屋 | トップページ | ゾルターン・コチシュ 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/55619516

この記事へのトラックバック一覧です: アルフレッド・ブレンデル 10:

« 落語につぶやき 177~粗忽長屋 | トップページ | ゾルターン・コチシュ 3 »