« ゾルターン・コチシュ 4 | トップページ | 今日の月は…月齢3.6 »

2012年10月18日 (木)

ハーゲン四重奏団 1

なぜかしばらく…室内楽を聞いていなかったのだけど
すっかり秋も深まってきて…聞きたい気分の季節である。
今日は1985年のハーゲン四重奏団でシューベルト。
弦楽四重奏曲 第13番 イ短調 D.804 「ロザムンデ」
弦楽四重奏曲 第10番 変ホ長調 D.87
弦楽四重奏曲 第12番 ハ短調 D.703 「四重奏断章」
1985年9月にザルツブルクの大学講堂で収録。
ハーゲン四重奏団のDGへの最初の録音である。
ちなみに発売されたのは、後のドヴォルザークの方が先。
それはいいとして…何とも夜の世界で心地よい響き。
明るい音色で表情豊かに歌い、細やかな動きも繊細に美しく、
何よりシューベルトの音楽をこの上なく感傷的に聞かせて、
有名な「ロザムンデ」など、うっとりと聞き惚れてしまう。
変ホ長調の四重奏曲も比較的有名で印象に残る作品だが、
ハーゲン四重奏団の演奏がまた何とも楽しく、幸福に満ちている。
そして「四重奏断章」は、激しさはそれほどではないが、
美しい仕上がりの中にもシンフォニックな世界が展開されており、
私にはたいへん魅力的な演奏だ。穏やかであまり押しは強くないが、
それゆえに聞き手の心をしっかりとつかむ癒しのシューベルトである。

CDR794

|

« ゾルターン・コチシュ 4 | トップページ | 今日の月は…月齢3.6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/55921088

この記事へのトラックバック一覧です: ハーゲン四重奏団 1:

« ゾルターン・コチシュ 4 | トップページ | 今日の月は…月齢3.6 »