« アマデウス四重奏団 2 | トップページ | 横浜の風景から 273 »

2012年10月30日 (火)

アマデウス四重奏団 3

アマデウス四重奏団によるベートーヴェンの弦楽四重奏曲を
録音年代順に聞いていきたい。今日は昨日に続いて、
弦楽四重奏曲 第9番 「ラズモフスキー第3番」。
1959年4,5月にハノーヴァーのベートーヴェン・ザールで収録。
そして有名な1959年のシューベルトの「死と乙女」であるが、
この「ラズモフスキー」の三曲と同じときに録音されたのであり、
昔から大好きな演奏だが、一緒に聞いてみることにした。
本当に素晴らしい。心に響いてくる魂の音色、熱い想いに感動。
スケール雄大に豪快な歩みで突き進むのであり、この迫力!
私は…本当は繊細で緻密な演奏が好きなはずなのだが、
アマデウス四重奏団は格別だ。それだけの圧倒的な密度、
こんなにもシンフォニックで凝縮された演奏にはそうは出会えない。
すでに50年が過ぎて、これぞまさに歴史的名演といえるのだろう。

CDR798/799

|

« アマデウス四重奏団 2 | トップページ | 横浜の風景から 273 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/56007771

この記事へのトラックバック一覧です: アマデウス四重奏団 3:

« アマデウス四重奏団 2 | トップページ | 横浜の風景から 273 »