« ロサンゼルス・フィル 2011/2012 | トップページ | 横浜の風景から 272 »

2012年10月26日 (金)

エミール・ギレリス 6

ギレリスが残したベートーヴェンのピアノ・ソナタだが、
録音年代順に再構成して聞いている。
ピアノ・ソナタ第25番と第26番「告別」そして第27番。
1974年12月にベルリンのヨハネ修道院で収録。
感動的だ!ギレリスのベートーヴェンは大好きである。
硬質な響きで…これ以上のない端正な造形を築き上げる…
非常にまじめで…誠実な音作り、まさに堅い演奏なのだけど
しかしこれが何とも美しく感じられるのはギレリスならではだ。
全く隙のない完璧な表現なのだけど、そこで…歌に関しては、
強弱のコントロールも見事だし、豊かな余韻を生み出して、
とにかくギレリスのベートーヴェンは何もかもが最高!
1970年代の全盛期のギレリスは、向かうところ敵なしだ。

CDR797

|

« ロサンゼルス・フィル 2011/2012 | トップページ | 横浜の風景から 272 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/55977712

この記事へのトラックバック一覧です: エミール・ギレリス 6:

« ロサンゼルス・フィル 2011/2012 | トップページ | 横浜の風景から 272 »