« らくだ亭 「お富与三郎」 | トップページ | 横浜の風景から 274 »

2012年11月17日 (土)

キース・ジャレット 16

1975年のキース・ジャレットを聞いている。
12月10日から12日にかけて…ニューヨークのスタジオで
「Mysteries」と「Shades」の二枚のアルバムが制作されている。
デューイ・レッドマン、チャーリー・ヘイデン、
ポール・モチアンが参加するアメリカン・カルテットに
今回もギレルミ・フランコのパーカッションが加わっている。
すごくいい!私的には、この感じはかなり好きである。
敏感な感性、発想の冴え、緊張感の持続、強靭な力、…
多様な表現手法を相変わらず自由自在に操るのであり、
今回は圧倒的である。私の好みにぴったりとはまった。
キース・ジャレットが好きで聞いているのだけど、
同時に思うのは、チャーリー・ヘイデンのベースが何ともいい。
というので、アメリカン・カルテットのアルバムはお気に入り。

CDR805

|

« らくだ亭 「お富与三郎」 | トップページ | 横浜の風景から 274 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/56134136

この記事へのトラックバック一覧です: キース・ジャレット 16:

« らくだ亭 「お富与三郎」 | トップページ | 横浜の風景から 274 »