« 三田落語会 市馬・喜多八 | トップページ | 今日の月は…月齢10.2 »

2012年11月23日 (金)

三田落語会 喜多八・市馬

iTunesで配信されている三田落語会の録音で
昨日に続いて、第5回三田落語会(夜席)から
仲入り後の喜多八殿下「いかけ屋」と市馬師匠「掛取り万歳」。
2009年12月5日に仏教伝道センターホールで収録。
いよいよ年末の噺で「掛取り万歳」である。今年もそういう季節。
まずは殿下の「いかけ屋」から。この噺は短いし、昔の風景で
それほどの内容もないとは思うのだけど、でも一方で実に味わい。
町内のガキどもが、仕事中の鋳掛屋と商売の鰻屋を襲撃する。
鋳掛屋というのは、穴の開いた鍋や釜などを修理する職人。
金属を溶かして、穴やひび割れに継ぎ掛けるのが鋳掛だそうだ。
最後の鰻屋の場面で早口でまくしたてる殿下に聞きほれる。
この日のトリは市馬師匠の「掛取り万歳」。とにかく大好きな噺だ。
狂歌・義太夫・喧嘩・芝居・三河万歳という本寸法の「掛取り」である。
お馴染みのさん喬師匠の「掛取り万歳」と同じ型のようだ。

|

« 三田落語会 市馬・喜多八 | トップページ | 今日の月は…月齢10.2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/56176196

この記事へのトラックバック一覧です: 三田落語会 喜多八・市馬:

« 三田落語会 市馬・喜多八 | トップページ | 今日の月は…月齢10.2 »