« コリン・デイヴィス 8 | トップページ | 落語につぶやき 186~忍三重 »

2012年12月16日 (日)

黒門亭で小満ん・小里ん・文左衛門

今日は久しぶりに黒門亭を通しで聞いてきた。
もちろんお目当ては小満ん師匠と小里ん師匠で
そしてトリは文左衛門さんの「文七元結」である。
実は昨日も…小ゑん師匠と小燕枝師匠と志ん橋師匠で
私的には最高の顔付けだったのだが、天気も悪かったし、
小満ん師匠をもう一席聞けるのと「文七元結」に惹かれて
結局、今日を選んでしまった。馬治さんと文雀さんも聞けるし!

第1部
柳家花どん:金明竹
金原亭馬治:天狗裁き
入船亭扇好:野ざらし
桂文雀:居酒屋
柳家小満ん:忍三重


前座さんは花どんさんとございますさんの二人で
第1部は花どんさんが出演。与太郎キャラの松公で「金明竹」である。
花どんさんは時間配分がうまくて、「真田小僧」をオチまで15分にまとめるが、
今日もきちんと…猫を貸す断りで「旦那に盛りが付いたから」と…
旦那が誤解を解きに謝りに出掛ける場面も盛り込んでの「金明竹」である。
道具七品の口上も松公に二回、おばさんに二回で…計四回を鮮やかに!
花どんさんはこのように噺を自分の構成でまとめ上げることもできているし、
登場人物の描き分けも表情豊かで…上手いな!と期待の前座さんである。
結果から書くと…今日は主演者全員…みんなすごくよかったのだが、
まずは馬治さんの「天狗裁き」。馬治さんはいいな!と思っていて、
しかしながら実は…正直なところ少し久しぶりになってしまって、
この噺には、見た見ないの夢をめぐって、たくさんの登場人物が出てくるが、
それぞれのキャラがきちんと描き分けられているので…場面展開もくっきりと
お馴染みの「天狗裁き」ではあるけれど、新鮮な気持ちで楽しむことができた。
扇好師匠がもっと久しぶりで…四年ぶりぐらいになるかも。不思議と縁がなかった。
でも前回聞いたネタって、ハッキリと覚えているのである。「三方一両損」だ。
すごく鮮明に覚えているぐらいに…そのときもよかったのだ。
そして今日の「野ざらし」も!マクラで太鼓の皮の話題は出なかったので…
川をかき混ぜて、自分の鼻を釣って、大いに盛り上がったところまでである。
仲入り後は文雀さんで「居酒屋」だ。文雀さんも大好きな噺家さんだけど
「居酒屋」の小僧さんがどのように仕上がってくるかで…
この噺は大いに印象は変わってくる。その点で…文雀さんの
からかわれて、困り果てている小僧さんがかわいらしくて…何ともいい!
「居酒屋」って、短くて、酔っぱらいのごくたわいのないやり取り…
大したことのない…ありふれた情景のようにも思えるのだけれど、
ここに浮かび上がってくる居酒屋風景って、実に懐かしいものであり、
味わいある世界が魅力的な…なかなか深い噺であると私は思うのである。
第1部のトリは小満ん師匠の「忍三重」だ。昨年の日本橋での小満んの会で
取り上げられており、録音をもっているので、実はのべつ繰り返し聞いている。
たくさん聞いて思うことは、一度ですべてがわかるのかというと…少々複雑…
どちらかというと…繰り返し聞くことで…理解も深まり、するとより魅力も増す…
そういうタイプの噺であると思っている。噺自体も渋くって…存在は地味であろう。
でもこういう噺だからこそ、小満ん師匠が演じると輝き出す。爆笑の噺ではない。
ときどきクスクスっと…こっそり笑って、穏やかに展開される噺の流れに
心地よいな…って、のんびりと聞く噺だ。「忍三重」で芝居の噺だけど
描かれているのは地回りの芝居で…そこに味わいがあって、
親しみを感じるのであろう。旅で場面が変わっていく…というのもいいのかも。
というので…やはり今日は小満ん師匠が聞けてよかった!結果的にすごくよかった。
年内はこれで最後になると思うけど、お見送りの師匠がニッコリと素敵な笑顔で
もうとにかく大満足の「忍三重」であった!まわりの知り合いもご機嫌であった。

20121216a

20121216b1

第1部が終わって、第2部までの間にいつもながら湯島天神にお参り。
12月で屋台の準備もはじまっているけれど、まだ参拝客はそれほど多くない。

20121216b2

しかし合格祈願の絵馬は…すでにこのように大量であった!
これから三月ぐらいまで…湯島天神は大そう賑やかなのである。

第2部
三遊亭ございます:アメリカン
林家三平:のめる
柳家小里ん:長者番付
橘家文左衛門:文七元結

第二部の開口一番はございますさんで新作だ。
アメリカン・サイズというところから「アメリカン」という噺であった。
前座さんが新作を演じるというのもたいへん珍しいのだけど…
ございますさんでは、過去にも何度か新作を聞いていて、
これが面白い!私は好みである。こういうタイプの新作は好き。
続いて、三平さん。賑やかに出てきてくれたのだけど…
お客の反応はかなり冷ややかで…黒門亭の空気に合っていないという。
しかしマクラで…お父さんの三平さんの爆笑エピソードをいくつか披露すると
やっぱり面白いのであり、会場の空気は一気に暖かいものに…
林家三平という昭和の爆笑王は、いまも寄席で生き続けているのだと
三平さんにとって、お父さんのネタはやはり最大の武器であり、
すると親の七光りということになってしまうのかもしれないけれど、
それを活かしていくことが実力…恵まれている人にも苦労は多いのだろうなと。
噺の方はお馴染みの「のめる」で…でもこれが上手に三平スタイルに仕上がっており、
登場人物のキャラ作りや展開にもメリハリがあって、すごくよかったのだ。
正蔵さんも自分に合った噺を演じると…いきいきと輝いてくることがあるけれど
三平さんもそれが大切だなと…今日の「のめる」は魅力がいっぱいであった。
そして小里ん師匠は「長者番付」だ。素晴らしい!聞けてよかった。
「文七元結」の前で…短めにという印象だったので…「二人旅」かな?と
そんなふうに思ったのだけど、茶店のばあさんに造り酒屋を教えてもらって、
「長者番付」が聞けるとは!するとそれなりに長い噺になるのである。
田舎者をバカにする…それで仕返しをされる…という恐怖の展開で
最初の頃、「長者番付」って大嫌いな噺だったのだが、
小満ん師匠で聞いて、この噺に親しみを感じるようになり、今では大好きで
よく録音でも聞いているけれど、小里ん師匠はさすがに絶品であった!
私は小里ん師匠は大好きで!こうした柳家の噺は、師匠に限る!
今日のトリは、お待ちかねの「文七元結」。文左衛門さんの得意ネタだ。
私もラジオデイズの録音をもっていて、よく知っているけれど、
生で聞くのは今回がはじめて。でもこれが…久々にとてつもない感動で…
「文七元結」はたくさん聞いているのに…いまさらながらこんなにも感激するとは…
吾妻橋で長兵衛さんが文七に五十両を与える場面は目がウルウルしてしまった。
お久がこしらえてくれた大切なお金…迷って…迷って…
「所詮、自分には縁のない金だったのだ」と…自らにいい聞かせ、
こんなにも辛い状況に遭遇する…「これまでしてきたことの報いなのか」と
自分自身に不満をぶつけるように…文七に財布を投げて行ってしまう。
この辺の苦しみの長兵衛さんは、他にもそのように演じられていることは
多いと思うのだけど、しかし文左衛門さんが特に印象的であったのも
やはり深い気持ちがこもって、それが落語という形に昇華されている…
完成されている…というのが大きいのだと思う。長兵衛さんの描き方に関しても
かなり現代人の感覚で…いまの感性に近い「文七元結」なのかもしれない。
落語というのは、いまの人々には理解を越えた内容を含んでいることも多いのである。
「文七元結」だって、娘が身を売って作ってくれた金を…あかの他人にくれてやる…という
現代にありえない江戸っ子の気質というのが語られるのだが、その辺の状況を
決して壊すことはなく、しかし現代の我々にも受け入れやすい形に
文左衛門さんは演じてくれているので…まるで自分のことのように…
その情景に入り込んで…気持ちを共有して、登場人物とも深く同化して…
感激でどうしようもないことになるのだ。本当に貴重な体験であり、
今日の「文七元結」は、これから長らく忘れられない宝物となるであろう。
暮れも押し迫って、いつの間にか…12月も残りの方が少なくなってしまったが、
この気持ちを大切に「文七元結」を聞こう!年が明けたら、気分も変わってしまう…

20121216c

|

« コリン・デイヴィス 8 | トップページ | 落語につぶやき 186~忍三重 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/56337888

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭で小満ん・小里ん・文左衛門:

« コリン・デイヴィス 8 | トップページ | 落語につぶやき 186~忍三重 »