« 横浜の風景から 282~大雪 | トップページ | 南西ドイツ放送交響楽団 »

2013年1月16日 (水)

ミケランジェリの1970年代 1

ミケランジェリの代表盤とされるドビュッシーの前奏曲集第1巻。
1978年6月27, 28日にハンブルクのムジークハレで収録。
私が最初に買ったCDは、1980年代の初期の国内盤(F35G50168)で
デジタル・リマスターなしの「AAD」というディスクであった。
音質的にどうも気に入らず…ピアノの響きが硬く、無機的にも感じられ…
数年前にORIGINAL-IMAGE BIT-PROCESSING(OIBP)で再発売されたときに
すぐに新しいディスクを買ってきたのだが、こちらは印象もよく、改善されている。
今日はOIBPの方で聞いているが、仕上がりとしては、アナログ・レコード的で
しかしそれによって、響きもずっと柔らかく、音色的にも表情豊かである。
平面的な印象がなくなって、ピアノの響きにも奥行きが感じられるのは、
強弱や色彩、光の輝き、音の濃淡…、様々な部分で生命を吹き返して、
ミケランジェリのタッチが、現在によみがえっているのだと思う。
その点で音質改善は大成功であり、トーン・マイスターには感謝なのだ。

DG 00289 477 5345

|

« 横浜の風景から 282~大雪 | トップページ | 南西ドイツ放送交響楽団 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/56556796

この記事へのトラックバック一覧です: ミケランジェリの1970年代 1:

« 横浜の風景から 282~大雪 | トップページ | 南西ドイツ放送交響楽団 »