« 落語につぶやき 191~山崎屋 | トップページ | 2月6日の感想 »

2013年2月 5日 (火)

ダニエル・バレンボイム 17

ダニエル・バレンボイム指揮シカゴ交響楽団で
「ニーベルングの指環」管弦楽曲集を出してみた。
楽劇「ワルキューレ」から第3幕の「ワルキューレの騎行」
楽劇「ジークフリート」から第2幕の「森のささやき」
後半は楽劇「神々の黄昏」で序幕の「夜明け」の場面、
第1幕への間奏で「ジークフリートのラインの旅」
そして第1幕の終結部分が続けて演奏される。
第3幕の「ジークフリートの死」と「葬送行進曲」
「ブリュンヒルデの自己犠牲」からフィナーレ
ブリュンヒルデはデボラ・ポラスキが歌っている。
1991年10月にシカゴのオーケストラ・ホールで収録。
この二年ぐらいの間、あえてワーグナーは封印してきたのだが、
去年の秋ぐらいから…さすがに我慢の限界というか…禁断症状。
今日はちょっと「ニーベルングの指環」のハイライトを聞いている。
バレンボイムのCDは選曲と構成も素晴らしく、名演である。
でもいま聞くと、シカゴの響きって、ちょっと違うな…
というのも感じてしまった。やはりアメリカのオーケストラだ。

ERATO 2292-45786-2

|

« 落語につぶやき 191~山崎屋 | トップページ | 2月6日の感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/56705519

この記事へのトラックバック一覧です: ダニエル・バレンボイム 17:

« 落語につぶやき 191~山崎屋 | トップページ | 2月6日の感想 »