« カラヤンの1970年代 20 | トップページ | バイエルン放送交響楽団 »

2013年3月 7日 (木)

カラヤンの1970年代 21

今週はカラヤン指揮ベルリンフィルによる
楽劇「トリスタンとイゾルデ」を聞いている。
今日は第3幕第1場の途中から最後の「愛の死」まで…
1971年12月2-4,6-10,13日と1972年1月10日に
ベルリンのイエス・キリスト教会で収録されている。
第3幕の後半で最後の部分を聞いているが、ひたすら感動!
深い傷を負って倒れているトリスタンの夢の中での高揚の場面、
イゾルデがトリスタンの臨終に駆けつける大音響の興奮など、
カラヤンの引き出す迫力の響きが圧倒的に素晴らしい。
それゆえに一方の静寂の精妙な音色が冴えてくる。
そしてその延長上に最後に到達する「愛の死」は究極だ。
カラヤンのこだわりに満ちて、頂点にある音楽とはこういうもの!

CDR813/814/815/816

|

« カラヤンの1970年代 20 | トップページ | バイエルン放送交響楽団 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/56909130

この記事へのトラックバック一覧です: カラヤンの1970年代 21:

« カラヤンの1970年代 20 | トップページ | バイエルン放送交響楽団 »