« バイエルン放送交響楽団 | トップページ | 東海道の風景から 18~大森海岸 »

2013年3月 2日 (土)

黒門亭で駒三・文雀・菊太楼

今日は…物流博物館での小ゑん師匠と小里ん師匠の会に
行きたかったのだけど、先週だったか?予約しようとしたら…
とっくに満席で予約は終了していて、そういうことになったので…
黒門亭の第1部を聞いて、その後は東海道歩きに出掛けようと!
でも志ん八さんに駒三師匠、文雀さんに菊太楼さんという
今日の顔付けって、実は…私の好きな噺家さんばかりで
これはなかなかうれしくて、充実の楽しい一日に感謝!

第1部
林家けい木:検問
古今亭志ん八:自転車仕分け
金原亭駒三:長屋の花見
桂文雀:お血脈
古今亭菊太楼:寝床

前座さんはけい木さんと半輔さんとふたり入っていて、
第1部はけい木さん。なんと新作であった。
定席では…前座さんは、新作はできないであろうし、
黒門亭なので新作を!ということなのであろうけど…
むしろこちらは、けい木さんも新作をやりたいんだ!って、
驚きというか、発見というか、へえ~という展開。
検問で…検問される側は仕事帰りのまともな人…
一方で検問する警察官がというと酔っぱらい…
この辺のおかしなやり取りで…酔っぱらいの描写が上手で
情景が目に浮かぶという点では、大成功!なのだが、
噺はまあ、これからであろう!志ん八さんも指摘の通り、
古典落語のストーリーがいろいろ盛り込まれているので、
馴染みやすい…というのはあるのだが、新作なので
もっととんでもない仕掛けで驚愕させる場面もありかと。
続いて、志ん八さんも新作で…演目ボードでは
「自転車仕分け」となっていたのだが、どうやら本当は、
本人発表で「小言駐輪場」という題名であるらしい。
とすると口やかましい駐輪場のおじさんは、
「小言幸兵衛」の要素が入っていたわけだ。納得!
志ん八さんもここ数年、新作に熱心なようで…
でも基本はきれいにまとめられている印象で
もっと破壊的な場面であったり、そんな展開であったり、
聞いていてギョッとするような恐ろしい事実が盛り込まれると
さらに夢中に引き込まれると思うのだが、そんな噺を期待!
ここからは古典落語である。駒三師匠が「長屋の花見」。
三月に入ったし、今日はまた寒い一日だったけれど、
「長屋の花見」を聞いて、春を迎えよう!って…その季節である。
渋い駒三師匠の語りが、このところ私的には何とも心地よくて…
今日の「長屋の花見」もたまらないものがある。素晴らしい!
この噺は、五代目柳家小さんの十八番であり、柳家の噺家さんでは
小さん師匠の芸風を大切に守り抜いている印象もあるのだが、
それ以外のところで…駒三師匠のように古今亭であったりすると
また違った方向性もあるのではないかと…新鮮さもあるし、
この広くお馴染みの噺が、味わい深い一席となったりするのである。
仲入り後は文雀さんで…昔の南天竺…つまりはインドの話題で
お釈迦様の噺となったのだが、これは何の噺?仏教の話題で
日本古来の神教とそこへ渡来した仏教とが争いになり…
そうなると「お血脈」なのだが、善光寺の由来へと進んだのだけど、
このお釈迦様の前半部分を聞いたのははじめてだ。これが本寸法か!
一般によく聞ける「お血脈」は、善光寺の由来と石川五右衛門の場面で
地噺ということもあるけれど、もっといろいろな話題も付け加えられて、
本当は長い噺だったのだ。完全版「お血脈」というのが聞いてみたい!
第1部のトリは菊太楼さんで「寝床」である。これが素晴らしかった!
菊太楼さんは勢いのある語りと一方の丁寧な描写とで…本当に見事!
ちょっと因業で…細かいし、うるさいし、気も短い…義太夫好きの旦那、
そして真面目で一所懸命の重蔵とのやり取り…ここは聞きものである。
菊太楼さんの描き出す重蔵のキャラが何ともよかったのだ!
旦那が怒ってしまって、長屋の者は「店立てだ!」と騒動になり、
長屋の衆が集まって、どうするか?誰か体の丈夫なものを選んで
聞きにいかないと収まらないぞ!と話し合いをはじめて、
ここで語られる八年前の番頭治兵衛さんの失踪事件。
蔵の中に逃げ込んで…蔵の中に義太夫が渦を巻いた…という
この場面があるのは、古今亭の本寸法の「寝床」であろう!
菊太楼さんであるから…圓菊師匠から伝わっているのかもしれないが、
「寝床」は文楽の系統も素晴らしいし、ここで聞く志ん生の流れも最高だ。
噺の展開も…細かい描写も…今日の「寝床」は、大切に覚えておこう!
すっかり堪能したところで…御徒町から京浜東北線に乗って大森へ
東海道歩きの続きに出掛けたいと思う。天気は快晴だが、風が冷たい。

20130302

|

« バイエルン放送交響楽団 | トップページ | 東海道の風景から 18~大森海岸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/56874924

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭で駒三・文雀・菊太楼:

« バイエルン放送交響楽団 | トップページ | 東海道の風景から 18~大森海岸 »