« 横浜の風景から 304~満開の桜 | トップページ | タマーシュ・ヴァーシャリ 2 »

2013年3月29日 (金)

バイエルン放送交響楽団

マリス・ヤンソンス指揮バイエルン放送交響楽団による
ベートーヴェンの交響曲全集を収録順に聞いている。
いよいよ今シーズン(2012/2013)の演奏で交響曲第3番「英雄」。
2012年10月18,19日にミュンヘンのヘルクレスザールでライブ収録。
なんて素晴らしい演奏であろう。うれしくなってしまうような心地よさ。
直近のヤンソンスを聞くことができるのだが、思ったよりもシンプルな響きで…
歯切れのいいスッキリとした音作りは、古典的な要素を強調しているのであり、
どこかピリオド的な方向性も感じさせなくはない。ヤンソンスの解釈は、
時代考証でピリオド奏法に傾倒するという演奏ではなくて、これまでも…
伝統の上に成り立つベートーヴェンらしい響きというのを聞かせていたのだが、
「英雄」という作品を必要以上に誇大させるのではない…ハイドン的ともいえる…
このまとまりのよさ、軽やかな足取り…本当に魅力的な演奏であると思う。
奇をてらうことはせずに…しかしどこを聞いても新鮮な感覚にあふれており、
勢いと流麗さで…時間を感じさせない…感動的な名演だ。実にいい!

BR KLASSIK 900118

|

« 横浜の風景から 304~満開の桜 | トップページ | タマーシュ・ヴァーシャリ 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/57062741

この記事へのトラックバック一覧です: バイエルン放送交響楽団:

« 横浜の風景から 304~満開の桜 | トップページ | タマーシュ・ヴァーシャリ 2 »