« ウィーンフィル 2009/2010 | トップページ | アルフレッド・ブレンデル 11 »

2013年6月27日 (木)

コリン・デイヴィス 10

サー・コリン・デイヴィス指揮ロンドン交響楽団による
1965年の演奏でベルリオーズの序曲集を聞いている。
「リア王」序曲 作品4、「宗教裁判官」序曲 作品3、
序曲「ローマの謝肉祭」作品9、「ウェーヴァリ」序曲 作品1、
序曲「海賊」作品21の5曲で、1965年10月8-10日に
ウォルサムストウ・アッセンブリー・ホールで収録。
1963年の幻想交響曲に続いて、こちらの序曲集も
およそ50年前の録音ということになるのだが、
録音の点でも演奏の点でも…全く古さを感じさせないことに
驚きと感動をおぼえるのである。素晴らしいベルリオーズだ!
有名な「ローマの謝肉祭」や「海賊」以外の初期の作品は、
普段、あまり馴染みのない存在だし、少々地味でもあって、
私はベルリオーズ・マニアでもないので、知らないけれど、
聞いていると興味が湧いてくるし、これだけの説得力だから
さすがにスペシャリストのサー・コリン・デイヴィスである。

CDR829

|

« ウィーンフィル 2009/2010 | トップページ | アルフレッド・ブレンデル 11 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/57678959

この記事へのトラックバック一覧です: コリン・デイヴィス 10:

« ウィーンフィル 2009/2010 | トップページ | アルフレッド・ブレンデル 11 »