« レスリー・ハワード 2 | トップページ | イヴァン・モラヴェッツ 6 »

2013年7月27日 (土)

ロリン・マゼール 11

蒸し暑い夏にはシベリウスがいい。それに限る!と思っている。
マゼール指揮ウィーンフィルによる1960年代の交響曲全集より
今日は交響曲第3番と第4番で1968年4月の録音である。
第3番は少々元気すぎるシベリウスかな?第4番は激しい!など
いろいろな感想が出てくるのだが、だからこそ面白いのであり、
それこそが魅力…若き日のマゼールの才能が爆発している。
かなりの過激な仕上がりだが、ウィーンフィルの流麗な演奏は見事。
非常にリアルな感触に夢中になって、録音も素晴らしいのである!
それにしても心に響いてくる。痛いほどに切実な音楽である。感動。

CDR832

|

« レスリー・ハワード 2 | トップページ | イヴァン・モラヴェッツ 6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/57875781

この記事へのトラックバック一覧です: ロリン・マゼール 11:

« レスリー・ハワード 2 | トップページ | イヴァン・モラヴェッツ 6 »