« 東京の風景から 15~佃島盆踊 | トップページ | 第117回 柳家小満んの会 »

2013年7月17日 (水)

落語につぶやき 209~幽女買い

月曜日に小満ん師匠の「幽女買い」を聞いてきたのだが、
めったに聞けない噺なので、これを機に少し調べてみよう。
ということで落語事典を参照したのだが、あまり載っていない。
解説は「明治時代にはよくやったはなし。」とだけある。
誰が創ったとか…誰が得意にしていた…とか、そういうのはない。
私はこの噺を何で知ったかというと…黒門亭のネタ出しで
福治さんが「幽女買い」を出していて、その日は聞いていないのだが、
一体どんな噺だろうと…ネット上にある録音を探してみたのだ。
私はこういう言葉遊びの噺は大好きなので…面白いと思うけど。
でも「死」とか「冥土」とか、縁起の悪い言葉が立て続けに並ぶので
寄席では、興行的にあまり好まれないのか?禁止ではないと思うけど。
とことん陰気な話題で…聞いているこちらは陽気になるという噺では?

|

« 東京の風景から 15~佃島盆踊 | トップページ | 第117回 柳家小満んの会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/57812465

この記事へのトラックバック一覧です: 落語につぶやき 209~幽女買い:

« 東京の風景から 15~佃島盆踊 | トップページ | 第117回 柳家小満んの会 »