« かもめ亭の小せん・龍玉 | トップページ | 三田落語会 一之輔・喜多八 »

2013年7月 3日 (水)

三田落語会 喜多八・一之輔

iTunesで配信されている三田落語会の録音から
今日は第15回三田落語会(昼席)から前半の二席。
喜多八殿下の「短命」と一之輔さんの「五人廻し」。
2011年8月27日に仏教伝道センターホールで収録。
殿下の「短命」は、前半に艶笑小噺で「長命丸」付き。
お馴染みの「短命」もまた艶笑噺に分類されるのか。
殿下の「短命」は、三人目の婿さんが「ブリのアラ」であった。
つまりは骨が太くて、脂ぎっていて、血生臭いという。
一之輔さんの「五人廻し」も田舎のお大尽の後が関取で
「廻しの勝負じゃ、花魁に敵わない」というオチ。
この型は落語研究会で、扇遊師匠で聞いたことがある。
五人の客のキャラ作りが強烈で…さすがに一之輔さん。
一方で二階を回している若い衆は弱々しくて、それもいい。

|

« かもめ亭の小せん・龍玉 | トップページ | 三田落語会 一之輔・喜多八 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/57718831

この記事へのトラックバック一覧です: 三田落語会 喜多八・一之輔:

« かもめ亭の小せん・龍玉 | トップページ | 三田落語会 一之輔・喜多八 »