« クラウディオ・アバド 13 | トップページ | 東海道の風景から 26~六郷の渡 »

2013年8月18日 (日)

黒門亭でたけ平・菊志ん・圓龍

今日は圓龍師匠の「鰻の幇間」を聞きたくて、
朝から出掛けて、御徒町へ。黒門亭の第1部。
先月は小満ん師匠の文楽一門の「鰻の幇間」を聞けたので
圓龍師匠で圓生一門の「鰻の幇間」をぜひ聞いてみたいと!
そんなことを期待していたのだが、落語協会の芸人紹介を見ると
「鰻の幇間」は志ん朝師匠から教わったと書いてあって…
つまりは古今亭の「鰻の幇間」なのである。今日の標準形。
ということは、事前にわかってしまったのだが、
渋く圓龍師匠をお目当てに出掛けてみることにした。

第1部
柳家小はぜ:子ほめ
林家たけ平:金色夜叉
古今亭菊志ん:稽古屋
東京ガールズ:三味線演芸
三遊亭圓龍:鰻の幇間


前座さんは小はぜさん。今年は遭遇率が高く、いつも書いているけれど
まずは高座の姿がよくて、声、滑舌、言葉使い、何しろ上手くって、
「子ほめ」の歳のほめ方をご隠居さんから教わるところでとちってしまったが、
そのミスもアドリブで噺に取り込んで、笑いに変えてしまうあたりはお見事!
でもそういう技でウケ狙いになってほしくはないなと…即興性も重要ではあるが。
考えてみるとたけ平さんって、すごく久しぶりかも!って、ふと気づくのだが、
尾崎紅葉作の「金色夜叉」を落語に仕立てた…これははじめて聞く噺で、
演目もまた「金色夜叉」であった。つまりは「金色夜叉」の物語を語っていくのだけど
いちいち脱線をして、面白いことを喋っていくという…源平盛衰記みたいな感じである。
たけ平さんは大師匠の林家三平の芸風も大切に取り入れているようで、その点では
この「金色夜叉」もぴったりだし、楽しかった。でもこの噺はそんなに面白くもなくて、
贔屓するわけではなく、たけ平さんだから面白くって、会場も盛り上がるのだと思う。
空気を暖めるのが上手で、お客の心をしっかりつかんでしまう…理想の展開。
続いて…菊志んさんが、指南所にお稽古に行くって、「あくび指南」かなと思ったのだが、
師匠が女で…「炬燵の中で手を握る」の入り方、これは「汲みたて」ではないか!と
でも結果的には、同じ音曲噺なのだが、ご隠居さんに女にもてる方法を相談して、
噺は「稽古屋」であった。しかしすごくよかったのが、稽古所を紹介してもらって、
長屋の路地を入ってくると三味線の音色が聞こえる…鳴り物入りである。
そして稽古の場面へと進むのだけど、すべて三味線入りで…菊志んさんが唄って、
これぞ音曲噺だ!これだけ完全な形で音曲噺を聞けるのって、意外に珍しいのでは。
逆にいえば、この噺を選びにくい…他所では無理!ということであって、ありがたい。
どうだろう…「稽古屋」という噺は、特に珍品というわけではないと思うのだけど、
でもやはり今日は貴重な機会であったのではないか。とすると聞けてよかったなって。
仲入り後、東京ガールズの三味線演芸の後で…トリは圓龍師匠の「鰻の幇間」である。
今日もマクラで…やはり志ん朝師匠から教わった「鰻の幇間」だとおっしゃっていた。
少々時間も押していたが、後のことを気にしないでたっぷり演じてほしかったけれど、
鰻屋さんの二階で…一八の鰻講釈、旦那が憚りに行った後での一八の一人妄想、
そして後半は女中さんに散々お小言をいって、ストレスの発散をするのだが、
全体に省略気味で進んでいった気もして…志ん朝一門の本寸法って、長いのである!
一八が旦那を持ち上げて、ひたすらヨイショしているところから…勘定書きが来て、
手銭で食べていると気付く辺りで…様子がガラッと変わり、急に説教をはじめて、
要は食べさせてもらっているというのと…自分の金で食べているというので
立場が変われば、人も変わるということだと思うけど、その変化が私は好きで、
しかし今日は、その辺はあまり変化を付けた演出ではなく、流れてしまったか。
ということで…夏も後半、「鰻の幇間」も聞き納めということになるかもしれないが、
今日はこの後、東海道の続きで六郷を渡り、いよいよ川崎宿へ入りたいと思う。

20130818

|

« クラウディオ・アバド 13 | トップページ | 東海道の風景から 26~六郷の渡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/58019724

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭でたけ平・菊志ん・圓龍:

« クラウディオ・アバド 13 | トップページ | 東海道の風景から 26~六郷の渡 »