« 9月10日の感想~天文好き | トップページ | ケント・ナガノ 3~ベートーヴェン »

2013年9月10日 (火)

ケント・ナガノ 2~ベートーヴェン

ケント・ナガノ指揮モントリオール交響楽団による
ベートーヴェンの交響曲シリーズを収録順に聞いていく。
今日はポール・グリフィスの脚色・構成による「司令官」。
音楽はベートーヴェンの「エグモント」「シュテファン王」
「レオノーレ・プロハスカ」、奉献歌が用いられている。
朗読はマクシミリアン・シェル、独唱はアドリアンヌ・ピエチョンカ。
2007年9月、2008年1,2月にモントリオールで収録されている。
明るく豊かな響きが奏でられるが、解釈としてはピリオド的発想であり、
きびきびと細やかな動きが鮮やかに緊張感に満ちた演奏である。
細部にまで研き抜かれた明解な音楽は印象的で…何より音が美しい。
こういう演奏を聞かせられたら…やっぱりケント・ナガノはいい!って、
生命力に満ちたベートーヴェンの音楽が好きにならないわけがない。
このアルバムの後半で2枚目は、交響曲第5番で期待が高まる。

RCA 88697400842

|

« 9月10日の感想~天文好き | トップページ | ケント・ナガノ 3~ベートーヴェン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/58168317

この記事へのトラックバック一覧です: ケント・ナガノ 2~ベートーヴェン:

« 9月10日の感想~天文好き | トップページ | ケント・ナガノ 3~ベートーヴェン »