« 9月20日の感想 | トップページ | 東京の風景から 20~台東 »

2013年9月21日 (土)

黒門亭で柳朝・小満ん・歌太郎

先週に続いて、小満ん師匠を聞いてきた。
今日は黒門亭。第2部のトリが喬太郎師匠なので
通し券狙いのお客が多かったのだけど、みんな早い!
何となく…この状況は予想していたので、私もまた
普段よりも30分以上早く出たのだが、到着は6番。
ということで通し券の圏内には間に合っていたのだけど、
私のお目当ては小満ん師匠なので…その決意は固く!
第2部はパス。連休だからか?第1部も大入りだった。

第1部 二ツ目がトリ
柳家小はぜ:子ほめ
春風亭柳朝:蛙茶番
柳家小満ん:猫久
三遊亭丈二:引越しの夢
三遊亭歌太郎:お見立て

今日の前座さんは、小はぜさん。このところ遭遇率が高い。
先月聞いたときも…実は「子ほめ」だった。でも上手い!
安定しているし。バッチリできているという印象。
続いて柳朝さんで…噺は「蛙茶番」。こちらも今年二度目だ。
一朝師匠から伝わっている「蛙茶番」なので、
柳朝さんの得意の噺ということだろうけど、
どうも今日は噺が重なってしまう。柳朝さんは好きなので
決して嫌な感じはないのだが、上りが浅いところだったので
もっと軽い噺で、それがかえって新鮮に聞けるかな…と
楽しみにしていたので、「蛙茶番」だと…なかなかたっぷりな印象。
というのもきちんと番頭さんによる「天竺徳兵衛」のあらすじ付き。
急遽、代役で蝦蟇の役を演じることになった定吉に舞台の進行を
説明してやるのである。その辺でお芝居の情景、雰囲気を感じて、
また同時にお店の素人芝居ということで、手作りの感覚というのも
伝わってこなくてはいけないのである。その辺はさすが隙がない。
小満ん師匠は「猫久」であった。何度聞いてもいい!笑ってしまう。
「どうするんだい。お昼のおかず、イワシ!」「捨てちまえ!」って、
この夫婦のやり取り…師匠は絶好調で、盛り上がった!
小満ん師匠の「猫久」は本当にいいと思う。カッコいい。
お武家さまの言葉をハチャメチャにオウム返しするところは、
そのひと言ひと言が面白くって、笑いの密度も凝縮されていく…
この集中力はたいへんなもので…「猫久」って、本当に最高だ。
とにかく面白くって、笑いっぱなしなのだけど、ここまで来ると
終わった後に残るものは感動!これがまた落語の素晴らしさである。
仲入り後は丈二さんで…今回も古典だった。それも「引越しの夢」。
この噺は圓生師匠の録音など、聞いてはいるけれど、
私的には、実演ではあまり聞いたことがなくて、ちょっと新鮮。
新しく来た女中さんが美人で…店のものが揃いも揃って、
夜這いに行くという…あまりいい噺ではないけれど、
お店に中二階がある…とか、台所の吊戸棚で…
吊っている紐が切れて…とか、当時のお店の造りやその情景を
想像すると興味深いのである。この辺は建築的関心から来るところか。
今日の企画で「二ツ目がトリ」という…歌太郎さんが「お見立て」だ。
「お見立て」は郭噺の代表のような…お馴染みの噺だと思うのだけど
それが!考えてみると…私にとっては、たいへん久しぶりなのだ。
歌太郎さんは上手い!二ツ目になって、五年ぐらい?調べてみたら、
この11月で五年であった。去年は抜擢の真打昇進が話題になったけれど、
今後そういう機会が生まれれば、歌太郎さんもきっと選ばれると
私はそう思っているのだけど。今日の「お見立て」も実にいいテンポ感。
どんどん高揚していく!噺の進行も加速していく!大いに盛り上がる。
杢兵衛お大尽のキャラも強烈で…描写の豊かさ、華やかさ、…
これは歌太郎さんの若々しい魅力であり、たいへん調子もよかったと
だからこその仕上がりだと思うのだが、でもその一方でもっと余裕をもって、
言葉と言葉の間の空白により変化のある情景が映し出されたりして…
そんな高座も見てみたいな…って、しかしそれは、十年後、二十年後に
期待すればいいことか。とにかく今日の「お見立て」も見事だった!

20130921

|

« 9月20日の感想 | トップページ | 東京の風景から 20~台東 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/58240115

この記事へのトラックバック一覧です: 黒門亭で柳朝・小満ん・歌太郎:

« 9月20日の感想 | トップページ | 東京の風景から 20~台東 »