« マリア・ジョアン・ピレシュ | トップページ | 柳家小満ん「在庫棚卸し」 »

2013年10月 5日 (土)

ローター・ツァグロセク 2

DECCAの退廃音楽シリーズから
ツァグロセク指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団による
ハンス・アイスラーのドイツ交響曲(反ファシスト・カンタータ)
1995年5月にライプツィヒのゲヴァントハウスで収録。
ハンス・アイスラーは、ナチスによって、「退廃音楽」を理由に
活動を禁止された作曲家であり、その代表作がドイツ交響曲である。
この交響曲は、1935年から1957年にかけて作曲された…とあり、
ナチスによって上演を禁止された作品というわけではないようだ。
しかしその内容は、「反ナチス」という批判的なものであり、
1930年代後半の作品の一部上演に関して、ナチスによって
圧力がかかり、別の作品への差し替えが余儀なくされたようだ。
ユダヤ系作曲家のアイスラーは、1920年代の前半には、
シェーンベルクの弟子として…ベルクやウェーベルンとともに
新ウィーン楽派における活動を行っていた。しかしその後、
音楽と政治的な理由からシェーンベルクの元を去っている。
そして1930年代になり、ナチスにより活動が禁止され、
1938年にアメリカに亡命。さらには1947年、アメリカからも
共産主義支持者の疑いがかけられ、1948年、国外追放となっている。
その後は東ドイツに移住し、1962年にベルリンで亡くなっている。

DECCA 448 389-2

|

« マリア・ジョアン・ピレシュ | トップページ | 柳家小満ん「在庫棚卸し」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/58327723

この記事へのトラックバック一覧です: ローター・ツァグロセク 2:

« マリア・ジョアン・ピレシュ | トップページ | 柳家小満ん「在庫棚卸し」 »