« フランクフルト歌劇場2012 | トップページ | フランクフルト歌劇場2012 »

2013年12月10日 (火)

フランクフルト歌劇場2012

セバスティアン・ヴァイグレ指揮フランクフルト歌劇場による
ワーグナーの「ニーベルングの指環」から楽劇「神々の黄昏」
2012年1,2月にフランクフルト歌劇場におけるライブ録音。
今週は「神々の黄昏」を聞いている。今日はその第2幕。
合唱団も加わり、最も盛り上がる「神々の黄昏」の第2幕だが、
ヴァイグレの指揮は実に引き締まっていて、強い緊張感に感動。
「指環」も後半へと向かって、演奏の完成度も上がっている。
そして一方の前半は、アルベリヒがハーゲンの枕元に立ち、
復讐を誓わせる…暗く不気味な場面、後半ではハーゲンが、
ブリュンヒルデを巧みに唆し、ジークフリートの弱点を聞き出す…
音楽もまさに不吉な響きへと展開されていくが、これが素晴らしい。
いよいよ明日は、第3幕を聞きたいと思う。ここまで来た!

OEHMS OC939

|

« フランクフルト歌劇場2012 | トップページ | フランクフルト歌劇場2012 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/58734624

この記事へのトラックバック一覧です: フランクフルト歌劇場2012:

« フランクフルト歌劇場2012 | トップページ | フランクフルト歌劇場2012 »