« 1月28日の感想 | トップページ | 1月30日の感想~今月の歩数 »

2014年1月29日 (水)

落語につぶやき 228~按摩の炬燵

文楽師匠の「按摩の炬燵」を聞いてみると
なるほど!按摩の米市さんが酔っ払って、
お見合いをしたときのことを話すところ
相手の顔を探ってみて、鼻がないのである。

私ども、こんな不自由な体で…
弱いものをもらった日には往生で、
身体検査ってものをする。みんな、やるんですよ。
腰のまわりからね…配置を。身は申すに及ばず…
背筋のところから襟首のところへ来れば、
梅毒気があるかないかてぇのはすぐわかる。
この間、見合いに行った女ってぇのはね、番頭さん、
額に手が触る。額からこの顎へこいで来る間に…
鼻が触らず…てぇんだ。情けねえ。
この女、鼻ねえのか?と思って、ちょいと触りましたらね。
これっぱかりもねえ。(番頭:気味の悪い見合いだね。)
冗談いっちゃいけねぇ。なんぼね、こっちが不自由な体だって、
ひけものを押しつけやがって、ひでぇことしやがると思って、
腹立って、断って帰ってきちゃったんです。

これは…現在はなかなかやりにくい場面であろうか。

|

« 1月28日の感想 | トップページ | 1月30日の感想~今月の歩数 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/59034770

この記事へのトラックバック一覧です: 落語につぶやき 228~按摩の炬燵:

« 1月28日の感想 | トップページ | 1月30日の感想~今月の歩数 »