« 江戸名所図会 五 | トップページ | 1月26日の感想~保土ヶ谷 »

2014年1月25日 (土)

江戸名所図会 3~湯島天満宮

妻恋明神の北の方にあり。太田道灌(1432-86)
江戸の静勝軒にありし頃(文明十年(1478)六月五日なり)、
夢中に菅神に謁見す。翌る朝、外より菅丞相(菅原道真)親筆の
画像を携へ来る者あり。すなわち夢中拝するところの尊容に
彷彿たるをもって、ただちに城外の北に祠堂を営み、
かの神影を安置し、かつ梅樹数百株を栽へ、美田等を附す。
すなわち当社これなり(以上「諸社一覧」・「江戸名所記」等の
書に出づるといへども、おそらくは誤りならん。麹町平河天神に
菅丞相真筆の画像と称するものありて、かへって当社に
この影あることなし。その論あれどもここに略す)。
「江戸名所図会 巻之五」より抜粋

太田道灌が造営のこと、なるほどと感心したところで
「誤りならん」と来るので、あれあれ…といった印象だが、
境内の梅は現在もたいへん有名であり、歴史を感じる。

月毎の廿五日には植木市ありて、殊更にぎはしく
一時の壮観なり。表門の通り、左右に料理茶屋あり。
「江戸名所図会 巻之五」 挿絵「湯島天満宮」より

今日は1月25日、初天神である。

|

« 江戸名所図会 五 | トップページ | 1月26日の感想~保土ヶ谷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121598/59005993

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸名所図会 3~湯島天満宮:

« 江戸名所図会 五 | トップページ | 1月26日の感想~保土ヶ谷 »